【新関東リーグ2021・1部第4節マッチハイライト】ハロウィン決戦in鹿島 勝ち点を積み上げたチームはどこだ!?

大田智輝

10月31日(日)、鹿島ハイツにて新関東リーグ第4節が行われた。

未だ勝ち点で抜きん出るチームがおらず、混戦状態の新関東リーグ20211部。勝ち点を積み上げたチームはどこだろうか。

未だ負けが無く安定した戦いをみせる早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と前節昨年度王者に勝利し勢いのある明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の一戦はスコアが大きく動く試合となった。双木駿(1=早大本庄)右サイドからのクロスをダイレクトで合わせ早稲田稲穂が先制。続いて左CKを河島佑樹(2=暁星)がヘディングで追加点をあげる。その後、個で打開した双木と右CKをヘディングで合わせた横井創(2=早稲田実業)が得点を挙げ、早稲田稲穂が大量得点で勝利した。

 

続く第1試合は、早稲田大学HUMANFC(以下:早稲田ヒューマン)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フース)の一戦。未だ勝利のない両チームは何としても勝ち点3が欲しいところ。何度か決定機があったものの、お互い譲らず前半は0-0で折り返す。後半に早稲田ヒューマン竹野豪(1=奈良)のスルーパスを受けた小山尚紀(1=静岡学園)が落ち着いてゴール隅に流し先制。続いて右CKから奥遼介(2=国分寺)がヘディングで追加点を挙げ、早稲田ヒューマンが勝ち点3を得る結果となった。

 

大躍進を見せている明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)対するは、中央フースとの中央ダービーを勝利し勢いのある中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)勝ち点を積み上げたい両チームの一戦は、互いに譲らず引き分けに終わった。

 

続く第2試合は、立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)と早稲田大学FCGUSTA(以下:早稲田グスタ)という未だ勝利のない両チームの一戦。先制点を挙げたのは立愛。フリーキックの折り返しを高田悠生(2=真岡)が押し込んだ。このまま立愛が逃げ切ると思われた後半終盤に、右CKを早稲田グスタ荻本遥平(2=國學院久我山)が頭で合わせ同点弾を決めた。

 

尚第4節慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部対早稲田大学理工サッカー部の試合は延期となった。

 

[4節]

早稲田稲穂 4-0 明治体同連

早稲田ヒューマン   2-0 中央フース

中央サカ同  0-0 明治生田

早稲田グスタ 1-1 立教愛好会

 

[順位表]

Written by

大田智輝

Tomoki.O

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.11

【BMOM67】岡内学人(3年=市立千葉高校)持ち前の技術と笑顔で優勝へと導く!

先日行われた千葉大学学内戦決勝戦で常にピッチ全体を見渡し、決定的な仕事はなかったもののボールによく絡み攻撃のリズムを作った千葉大学FORZZA(以下FORZZA)岡内学人(3年=市立千葉高校)が決勝の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.09

【BMOM141】フースバルを今季初勝利に導く2ゴール!2年生FWが結果で応える!

11月6日に行われた、新関東リーグ2021・1部第5節でここまで勝利のなかった中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フースバル)は欲しかった初勝利を挙げた。 この勝利に導いたフースバル19番岡本…

read more 丸山椋大
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more 古平 翔太
コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more 高木啓行
コラム 2021.10.30

【新関東リーグ2021・1部第3節マッチハイライト】大波乱の連続!白星をあげたのはどこのチームか!?

10月30日鹿島ハイツにて新関東リーグ第3戦が行われた。大波乱の第3節の結果がこちら。   今節の注目カードの1つが早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学HUM…

read more 東 孝太郎
コラム 2021.10.16

【新関東リーグ2021・1部第1節マッチハイライト】遂に開幕!開幕戦を白星で飾るのはどのチームか!?

10月16日、新関東リーグが開幕した。矢田部サッカー場で行われた第1節の結果がこちら。     今季の開幕カードは昨シーズン優勝し、現在2連覇中の早稲田大学FC.…

read more 東 孝太郎
コラム 2018.07.07

【BMOM103】見崎大地(3年=狭山ヶ丘)意地の2連続PKストップ!

7月7日に東戸塚フットボールパークで行われた、明治学院学内戦決勝は白金FC.C vs 白金FC.D。白金FC同士の一戦となった。 30度を超え、給水タイムが設けられるほどの暑さ。その中、試合をよ…

read more 落合陸
コラム 2016.11.09

[BMOM5]FW谷口友哉(3年)ストライカーが残留へ望みをつなぐ決勝点

テクれ谷口 最下位と負けられない中、挑んだ第4節の明治大学グルービーキッズ戦。0-0で前半を折り返し、迎えた後半3分、勝ち点0の早稲田大学HUMANが先制点を決める。決めたのは背番号9番谷口 友哉(…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.09

【プレスリリース】株式会社アイ・パッションとスポンサーシップ契約締結!!

この度、2017年7月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社アイ・パッション(代表取締役:浅井慎吾)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-