【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

BeYonD 編集部

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。

今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決勝トーナメントに進むレギュレーションとなっており、熾烈な戦いが予想される。

そんな新関東カップ2022出場チームを全8回に渡って紹介していく。

早稲田大学 SUNDAY S.C.

 

チームPR

僕たちSundayS.C.はやる時はやる、楽しむ時は楽しむをモットーに活動しています。そしてこの大会は「やる時」です。プレーヤーのみでの参加ですが、男子校マインドで頑張ります。

注目選手

佐藤良太:頼れるキャプテン。ピッチの中でも外でもチームを引っ張っていってくれます。ボールを刈り取る鋭いスライディングが持ち味です。

注目新入生

今回は新入生なし、既存メンバーのみで戦います。

このサークルだけには負けられない

FC NINDOさん:初戦なので、頑張って勝って勢いに乗りたいからです。

自分たちのサークル実は…

実はマネさんが来ません。

立教大学 FC立教

チームPR

昨年、ポテンシャルで勝ち上がってきた我々ですが、5月に行われた某大会にて、己の体力不足による不甲斐なさをこれでもかと言うくらい気付かされたことから、大会終了後からこの新関東カップ前日まで、F立初の走り込み企画を開催しました。もちろん勝敗やビックプレーなどにも注目してほしいですが、それよりも何よりも我々が後半何分まで足が止まらずに動けたのかという細かな成長にもぜひ、注目いただきたい所であります。

注目選手

山中祐之介(2年):先日行われた稲穂フェスタにて、3ヶ月ぶりのサークル参加。そこでサッカー熱を焚き付けられたようで、今回TOEICの試験を捨ててまでも新関東カップに参戦。ちなみに学内戦のMVPで、体型はシャキリさながら、それでいてプレーは白鳥のように美しい。F立のタクトを振る姿、ご注目を。

注目新入生

エノビヨギブライアンツヨシ(座間高校):圧倒的なフィジカルを武器に、新歓練習でその他新入生を次々にふっ飛ばし我々を驚かせた。
見た目は怖そうなのに、愛くるしいところがまたたまらない。

このサークルだけには負けられない

立教サッカー愛好会:ここで負けたら新入生に示しがつかないですよ。自分が入ったサークルの方が強かったらテンション上がりますもんね。

自分たちのサークル実は…

チーム練習がほぼありません、毎大会ぶっつけ本番で挑んでいます。その点皆様お手柔らかに、、、

明治大学 生田サッカー部蹴友会

チームPR

生田キャンパスを拠点に活動する体同連のサッカー部で、試合には全力で挑み、イベントでは全員が楽しめるサークルです!

注目選手

北村晃希(3年=検見川高校):縦横無尽にピッチを駆け巡り、愛する蹴友に勝利をもたらすFW。ゴール前に入り込み、数多くの得点を挙げる。守備において前線から、誰よりも走りチームに貢献する。今大会では得点王を目指している。

注目新入生

1年マネージャー:誰よりも大きな声で応援してくれるから。

このサークルだけには負けられない

Sunday FC, FC NINDO, FC 立教:3勝して予選を通過したいから。

自分たちのサークル実は…

ゆるいです

早稲田大学 Sunday S.C.のチームページ 立教大学 FC立教のチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.09.08

3年ぶりの開催!マガジン杯直前記事

9/9~13までの5日間、長野県上田市菅原高原にて第40回サッカーマガジンカップ オープン大会2022、通称マガジン杯・マガ杯が開催される。 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今大会。全…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.07.02

【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった。 前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM99】藤尾 圭吾(2年=実践学園)が2ゴールを挙げる活躍

6月10日、日中に降った雨の影響でグラウンドに水たまりができる中、新関東1部の明治大学体同連サッカー部を下した日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)は青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.02

[特別企画]夢のコラボ !プレからの想い×イケメン特集

みなさんお待たせしました! イケメン特集です!! そして、なんと!!! 約3年ぶりの復活!プレからの想いのコーナーとコラボしちゃいます。 今回は、早稲田大学理工サッカー部の3年出原蒼己くんにイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.01.17

【株式会社フジキカイ】BeYonDの新スポンサー様を訪問させていただきました!

    みなさんこんにちは!BeYonD編集部です!   今回、2021年12月より新たにBeYonDプロジェクトをスポンサードしていただいている…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【新関東リーグ2018】2部A 第1節ハイライト

今年も新関東リーグ1部への狭き門へ挑戦する新関東リーグ2部が10月13日に開幕した。 2部Aブロックは、降格してきた明治大学グル―ビーキッズ(以下=明治グルービー)や昨年惜しくも昇格戦に敗れ、昇…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.29

【高校生必見!】体育会ではなく、サークルであることの意味とは?

8月17日、都内会議場にてプレイヤーズカレッジ・マネージャーズカレッジ、通称プレ・マネカレが開催された。   プレ・マネカレとは、様々な大学サッカーサークルの代表者が集まり、各サ…

read more 東 孝太郎

-PICKUP CIRCLE-