【新関東カップ2022 ベスト8 マッチハイライト】負けたら終わりのトーナメント方式 準決勝へとコマを進めたのはどこのチームか!?

杉本 竣平

2週にわたり繰り広げられた予選を勝ち抜き、ついに集まった8チームが優勝をかけ、負けたら終わりのノックアウト方式でぶつかる!

第1試合 早稲田稲穂vs日大スポ科

第1試合は昨季新関東リーグ・カップ両大会で優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と予選で日大ダービーを制してベスト8をつかんだ日本大学スポーツ学部サッカー部(以下:日大スポ科)。ベスト4一番乗りをかけた戦いが始まる。
試合展開は早稲田稲穂が猛攻を仕掛ける形となる。前半10分、11分と立て続けに点を入れ2点リードで前半を折り返すと後半終了間際にダメ押しの三点目を入れそのまま試合終了。昨年度王者の強さを見せつけベスト4へとコマを進める。

 

第2試合 FC立教vs明治グルービー

新関東リーグ1部所属の明治生田を倒しベスト8に進出したFC立教(以下:F立)と昨年2部リーグを制して1部昇格を決めている明治Groovy Kids(以下:明治グルービー)ベスト4で早稲田稲穂との準決勝をかけた戦いとなった。両者互角な試合展開の中、前半23分F立は13番山中祐之介(2年=市ヶ尾高校)のコーナーキックに16番岩崎慶太(3年=高田)が合わせ先制点を入れる。反撃に出たい明治グルービーは後半10分セットプレーの流れから6番稲田龍(4年=長崎南山高校)が押し込み同点に追いつく。そのまま試合終了かと思われたが後半28分72番小尾僚太(2年=三田)がペナルティエリア内でボールを奪いニアへ強烈なシュート。これが決勝点となりF立は準決勝進出を決めた。

 

第3試合 中央サカ同vs中央フース

ベスト8最注目カードの中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)と中央大学FUSSBALL(以下:中央フース)予選を全勝で突破した両チーム。拮抗した試合となると思われた中央ダービーは開始早々点が動く。
前半4分8番岡部佑哉(3年=狭山ヶ丘)からのセットプレーを10番新谷唯我(3年=日大三)がうまく合わせ先制点を奪う。しかし、中央フースも15分に相手DFのクリアを44番磯辺光(2年=東福岡)がうまく跳ね返し試合を振り出しに戻す。その後球際がさらに激しくなる中、前半終了間際に中央サカ同がショートカウンターを仕掛け最後には24番信岡光(2年=日大藤沢)が押し込み中央サカ同が1点リードで前半を折り返す。
後半は中央サカ同の猛攻で試合が進み、6分、12分、25分と立て続けに追加点を取り5-1で中央サカ同が準決勝へと駒を進める。

 

第4試合 早稲田理工vs明治体同連

昨年度新関東カップ準優勝と悔しい結果で終わりリベンジに燃える早稲田大学理工サッカー部(早稲田理工)。1年での新関東リーグ1部復帰を果たすためにもカップ戦から勢いをつけたい明治体同連(以下:明治体同)最後の準決勝への切符をかけた戦いとなる。試合序盤は早稲田理工が10番草柳祐介(3年=静岡学園)を中心に攻撃を仕掛ける。しかし前半19分明治体同連が左サイドを崩しクロスを上げ、こぼれを18番臼株雄太(3年=大泉)がうまく巻いて押し込み先制点をとる。その後も早稲田理工の猛攻は続くも明治体同の固い守備に阻まれ1-0で試合終了。前回準優勝チームがベスト8で消える波乱の展開となった。

新関東カップ2022準決勝対戦カード

立教大学FC立教vs早稲田稲穂キッカーズ、中央大学サッカー同好会vs明治大学体同連サッカー部

 

Written by

杉本 竣平

sugimotosyunpei

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.07

マネージャーよ、ヒールを脱げ

みなさんのサッカーサークルのマネージャーのイメージってどんな感じでしょう?かわいい?癒し?黄色い声援?どれも間違ってはいないと思います。でも、最近のマネージャーはそれだけではないんです。チームによって…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.26

【BMOM111】奥本統太郎(1年=國學院久我山)大胆不敵な早稲田グスタのルーキーが試合を決めた!

10月20日、鹿島ハイツ第1グラウンドで開催された新関東リーグ2018 1部・第3節にて早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)が明治大学体同連生田サッカー蹴友会を1-oで下し、2勝1分で2位…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・第4節マッチハイライト】集中開催初日終了!まだまだ優勝も残留もわからない!

2019年11月3日、鹿島ハイツにて新関東リーグが開催された。今シーズン二回目の集中開催となった今節。 第3節までが終了し、優勝争いの勢力と残留争いの勢力が分かれるようになった。 そのような面で、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東FL1部第2節】マッチプレビュー

第4試合 明治大学Groovy kids VS 早稲田大学FC GUSTA 明治Groovy(勝ち点0)と早稲田GUSTA(勝ち点0)、この試合は大事な初戦をものにできなかったチーム同士の対戦となる…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.29

【高校生必見!】体育会ではなく、サークルであることの意味とは?

8月17日、都内会議場にてプレイヤーズカレッジ・マネージャーズカレッジ、通称プレ・マネカレが開催された。   プレ・マネカレとは、様々な大学サッカーサークルの代表者が集まり、各サ…

read more 東 孝太郎
コラム 2022.05.31

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.5

先週の5/28(土)に開幕した新関東カップ。 今年度から予選リーグが導入され、2週間に分けて決勝トーナメント出場チーム8チームを決定する。 今週は6/4,5に予選を行うチームを紹介!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.27

【スパイク特集vol.2】~FGスパイクを使いこなせ!!~

みなさん、スパイクコラムの第1弾は読んでいただけたでしょうか? 「読んでないよ~」という方がいましたら、ぜひページを戻って第1弾の方を先に読んでみてください!!   では、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.22

【新関東カップ2017決勝戦】マッチプレビュー

4月に始まった新関東カップ2017の2カ月に及ぶ戦いがついに今週末終わりを告げチャンピオンが決定する。 今回は見事決勝戦に駒を進めることになった2チームのこれまでの戦いぶりを振り返り、勝負のポイント…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-