サッカーマガジンカップ オープン大会2022 大会総括

山口輝

9月9日から9月13日に行われた『サッカーマガジンカップ オープン大会(以下:マガ杯)』は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。

 

サークルカテゴリーで最高峰の大会とも呼び声高いマガ杯。記念すべき第40回大会であり、コロナウイルスの影響により3年ぶりに開催されたマガ杯を振り返っていく。

 

大会1日目と2日目は予選リーグが行われ、各グループの1位と2位、各グループ3位の上位8チームが決勝トーナメント進出となった。決勝トーナメント進出をかけてどのグループでも白熱した試合が繰り広げられた。

 

再び組み合わせ抽選が行われ、決勝トーナメント1回戦から好カードが多数生まれ、大会の盛り上がりはさらに増していった。決勝トーナメントでは、多くのドラマが生まれた。試合に勝ってうれし泣きをするチームもあれば、試合に負けて悔しくて泣くチームがあり、選手のマガ杯にかける強い気持ちがさらに大会を熱いものにしていった。

 

その後も白熱した試合が繰り広げられ、激戦を勝ち抜いた早稲田稲穂Aと中央大学フースバルA(以下:中央フース)が決勝戦に駒を進めた。
決勝戦では早稲田稲穂Aが堅実に試合を運び、先制点を守り切り、1-0で中央フースAを破り、早稲田稲穂Aが6年ぶり4度目の優勝を果たした

 

大会を通じて、多くのBチームが勝ち上がっていったのが印象的であった。また、中央大学サッカー同好会に元Jリーガーの那須大亮さんが監督として参加してくださったということがあり、同好会カテゴリーのレベルの高さを世の中に発信する機会を得ることが出来き、同好会カテゴリーが今後さらなる発展を遂げていくことが期待される。

 

私自身、今大会が初めてのマガ杯であった。サークルに入った当初から先輩たちから「マガ杯はマジで楽しいし、最高だよ!」と言われて過ごしてきた中で、3年目にして初めてのマガ杯。参加してみないと感じることの出来ないマガ杯の素晴らしさを存分に感じることが出来た。最高に楽しくて、充実していた5日間だった。

 

今大会は40回のうちのただの1回ではなく、意味のある貴重な1回だったと思う。コロナウイルス感染症による、2年間の中止を乗り越え、先輩たちが築き上げてきた伝統を繋ぐことが出来、同好会カテゴリーが再び熱を取り戻したという点で、とても貴重な40回記念大会になった。今大会に参加した人たちは、この伝統を後輩に繋いでいって欲しい。また、今大会参加することが出来なかった、1、2年生は来年こそは必ず参加して、マガ杯の魅力を実際に感じて欲しい。

 

どのチームも日が経つことにチームの一体感が増していき、とても良い雰囲気で試合をしていたように感じる。今大会の素晴らしい雰囲気を今回だけで終わらせるのではなく、今後の大会でも継続し、同好会カテゴリーを盛り上げていって欲しい。同好会カテゴリーのレベルの高さを伝え、価値を向上させていくには、私はみんなの協力が必要不可欠であると思う。

 

私たちと一緒に同好会カテゴリーを盛り上げていきましょう!

Written by

山口輝

hikaru

Keywords

Recommend

コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.2

中央大学サッカー同好会 チームPR サッカーにも遊びにもガチ‼️ 注目選手 新谷唯我(3年・日本大学第三高等学校):サカ同の10番。そして稲穂フェスタMVP! 注…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM3]DF村山一輝(3年)闘将が魂ヘディングで決勝点

闘将 村山   立教大学サッカー愛好会は第4節、3位青山大学理工サッカー部との対戦。試合開始早々から両チームにチャンスが訪れ、8分、立教愛好会が先制点を挙げる。決めたのは、「立愛の闘…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.31

「ちみら何者⁈」2019年度 曲者揃いのBeYonD運営メンバー紹介記事!!

みなさんこんにちは!   いつもBeYonDの記事を見てくれている方も初めての方もこんにちは!   2年前同じような入りの同じような記事を見てくれた方もこん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.03

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.7

先週の5/28(土)に開幕した新関東カップ。 今年度から予選リーグが導入され、2週間に分けて決勝トーナメント出場チーム8チームを決定する。 今週は6/4,5に予選を行うチームを紹介!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.13

サークルと関わりの多いクリアソンってどんな会社?

本日は大学時代には関西学院大学サッカー部のキャプテンとして日本一に輝き、プロとして徳島ヴォルティスでプレー。その後クリアソン新宿のキャプテンとしてJFL昇格に導くといったすご経歴をお持ちの井筒陸也さん…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM15】浅田 拓郎(2年) 次世代の怪物が前線で躍動

怪物でごわす   立教愛好会は、先日の新関東リーグ最終戦で中央同好会と対戦した。結果は3-0で立教愛好会が勝利した。闘将村山のゴラッソなどを含む3得点と攻撃陣が躍動。その攻撃陣の中心…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-