大学サッカーサークル最強チームが挑む!YouTube史上初のReelZ LEAGUE とは?

竹中莉夏

ReelZ LEAGUEに出場中の2チームのキャプテンにインタビューしてみました!!

こんにちは!BeYonD編集部です!

今回の記事は、「ReelZ LEAGUE」に出場中のREVENGERSと、B&Bのキャプテン対談になります!

ReelZ LEAGUEとは、YouTube史上初の、新時代のサッカーリーグです。

このリーグには、元日本代表の那須大亮選手率いるWINNER’s1000人を超えるオーディションから勝ち上がったメンバーで構成されるTopBang、お笑い芸人チームや自衛隊チームなど、8チームが参加しています。

その中で、大学生チームから唯一、中央大学サッカー同好会(以下、中大サカ同)が選ばれています。中大サカ同は、昨年度、関東大会4冠・全国大会1冠という功績を残し、夏の全国大会であるマガジン杯では、那須大亮選手を監督として迎え入れました。その繋がりから、今回出場をオファーされ、B&Bというチーム名で出場しています!

今回インタビューしたのは、打倒WINNER’sを掲げるREVENGERSのキャプテン、あせい選手(写真右)と、大学生代表チームのB&Bのキャプテン、阿部真珠選手(写真左)です!

 

Q.今日の試合の感想をお願いします

あせい選手:先制点をとられた時は、結構えぐいシュートで綺麗に崩されたなあっていう感じだったんですけど、まあでもサッカーはあれぐらいバチバチしないとダメだと思うので。結果勝てましたけど、良い試合できたかなと思います。

阿部選手:前半は50:50でしっかり折り返せて、後半1失点したところで、全体的に守備が崩れちゃったかなっていう印象はあるので、メンバーがガラッと変わってそこを話し合えてなかったので、チーム力が課題でした。

 

Q.お互いのチームの印象を教えてください

あせい選手:ボール持てる選手や蹴れる選手がいる中で、僕たちの警戒していた選手がいなかったけど、でもその中でもクオリティが高いなという風に思いました。

阿部選手:試合前も何回かREVENGERSの試合を見たりしたんですが、今日の試合も通じて、やっぱり縦の推進力は凄いなと思いました。あとは、おば太郎さんだったり中盤から出てくる選手が、相手の嫌なところを狙うサッカーが上手いなと思いました。

 

Q.今日の試合の中で印象に残っている選手はいますか?

あせい選手:僕は野田選手ですね。ボール持てるし、運べるし、持たれたら厄介だなあと思いました。ハーフタイムもそうですけど、中盤のボールを持てる選手にいかにボールを持たせないかっていうのをずっと話してたので、みんなだいぶ警戒してました。

阿部選手:いい意味で印象に残ったのは、おば太郎選手ですね。中盤で持って、右左どっちにも蹴れるような体の使い方してて、実際に蹴って来たりもしたので、いい意味ではおば太郎選手ですね。

 

Q.試合前のルーティーンはありますか?

あせい選手:逆に何も考えないかもしれないです。試合の笛がなったらスイッチをいれる。

阿部選手:俺らも今言っていたのと同じような感じで、試合が始まるまでは楽しく、試合が始まったらバチバチにっていうのがルーティーンですね。

 

Q.逆に何も考えないと、何が良いんでしょうか?

あせい選手:ReelZ LEAGUEって、緊張もするし、サッカーのことだけを考えてると固くなっちゃうので、そこはB&Bさんと似てるかなって思うんですけど、サッカー外はとにかく楽しんで、サッカーではスイッチを入れるっていうのがREVENGERSのルーティーンかなって思います。

 

Q.次の試合に向けて一言お願いします

あせい選手:優勝も見えてきてると思うので、少しでも近づけるように、最後WINNER’s戦で勝って優勝という形が1番綺麗だと思うので、そこを達成できるように頑張りたいと思います。

阿部選手:自力での優勝が難しくなってきているので、ReelZ LEAGUEの力も借りながら、大学の方でもシーズンが始まるので、そこに向けて色んな選手を使って、どの選手を出しても勝てるように。今回もスタメンとサブが半々ぐらいだったんですが、その中で勝ちきれるようなチーム作りっていうのをちゃんとできるようにしないと、Aしか勝てないみたいになっちゃうので、それだと年間を通して人の替えっていうのができなくなるので、しっかり色んな選手使いながらやりたいかなと思います。

 今回、中大サカ同がこのリーグに選ばれたことで、サークルでもプロと戦えるぞということが証明されたように感じました。サークルのサッカーレベルなんてたかが知れている、と言う意見もありますが、サークルサッカーの本気度やレベル感が伝わる機会になると思います。

中大サカ同には、サークル界代表として、昨年度を越す功績を残してほしいです!

あせい選手、阿部選手、ありがとうございました!

試合の様子は、ReelZ LEAGUE公式YouTubeで配信されています。両チームの応援よろしくお願いします!

Written by

竹中莉夏

rika takenaka

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【9/22(金)開催】各業界トップクラスの内定者が集結!19卒「BeYonD就活キックオフ座談会」

こんにちは! BeYonDをご覧頂いている皆様、どの様な夏休みをお過ごしでしょうか? 今年は冷夏が続き、東京都心部は8月1日から雨が降り続いてるそうですね。 「あれ、そんな降ってたっけ?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.17

【新関東リーグ2021・1部第2節マッチハイライト】絶対に負けられないこの戦いを勝ち抜いたのは!?

大雨、強風でかなり気温も低く最悪の天候で行われた第2節。開幕戦と連戦で疲労も溜まっているが、激戦が繰り広げられたその結果がこちら!   早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.10.31

【新関東リーグ2020・1部第1節マッチハイライト】遂に開幕した新関東リーグ2020!開幕戦白星で勢いを手繰り寄せるチームはどこだ?!

【新関東リーグ2020・1部第1節マッチハイライト】遂に開幕した新関東リーグ2020!開幕戦白星で勢いを手繰り寄せるチームはどこだ?!   10月31日快晴の中、開幕が危ぶまれていた今年の新関東リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.06

【新歓記事vol.4】新入生必見!!立教大学&法政大学サッカーサークルを比較してみました!!

こんにちは!BEYOND編集部です!3月に入り多くの新入生はどのサークルに入るか悩んでいる時期ではないでしょうか?今回は、法政大学、立教大学の4サークルについてまとめてみました!是非サークル選びの参考…

read more 山崎夏果
コラム 2019.06.15

【BMOM133】後藤諒(3年=八千代) 立教愛好会縁の下の力持ちが緊張の取材デビュー!

6/8(土)@鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた新関東カップ準決勝。立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会) vs 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)は前半2点を挙げ、勢い…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.11

【マネの技術Vol.6】プレイヤーケアの必需品『救急バッグ』の中身に迫る!

熱かった新関東リーグ2017も終わり、3年生は就職活動へ向かう中、 1、2年生を中心に新チームが始動し始めるこの時期!! 各選手来たる来シーズンに向け、新チームにかける想いは大きいと思います! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-