【新関東カップ 2017準々決勝】準々決勝の最後の試合は熾烈なPK戦をヒューマンがモノにした!

BeYonD 編集部

RESULTS

新関東カップ2017 準々決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
3 PK 5

【新関東カップ 2017】準々決勝
中央大学フースバルクラブ(以下フースバル) vs 早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)

6月3日午後20時30分に行われた新関東カップ準々決勝のフースバルとヒューマンのベスト4を懸けた一戦。
日中とは打って変わって肌寒い中の試合だったがピッチ内は真夏のような熱い試合を繰り広げた。

img_5014

フースバルのスターティングイレブン

img_5015

ヒューマンのスターティングイレブン

前半

試合開始序盤はフースバルがボールを支配。
長身の13番西野(2年=星稜)にロングボールを集めペースを掴もうとした。
しかし、このボールをヒューマン42番高橋(3年=暁星国際)が弾き返し、ゴールに近づけない。
フースバルが決定機を作れない中5分、ヒューマンは17番菰原(3年=熊本国府)が裏へ抜け出し倒される。
しかし、これには笛は吹かれず。
均衡状態が続く中15分、またもヒューマン。
この日ヒューマンの攻撃の起点となっていた92番磯島(2年=真岡)から菰原へスルーパス。
これを菰原がうまく胸でトラップするがGK塚本(4年=清水桜ヶ丘)が飛び出しセーブ。
直後の16分、フースバルがようやくゴールに近づく。右サイドの23番有吉(3年=狛江)が中へ切り込み、左足を振り抜くが枠を捉えられない。
22分、フースバルのボランチ45番森(2年=新潟明訓)から背後を狙っていた西野へピンポイントなボールが送られる。
西野のトラップは少し大きくなってしまいGK山崎(3年=狭山ヶ丘)に抑えられる。
前半はフースバルがキャプテンボランチの7番若杉(3年=新潟明訓)とCBの15番安藤(2年=東福岡)を中心に低い位置から丁寧なパス回しでゲームを支配する展開となった。
対してヒューマンは粘り強い守備と前線でのアグレッシブな1番藤林(3年=比叡山)を武器に耐えたという印象。

img_5013

後半

後半が始まると前半とは打って変わって、序盤激しい試合展開となる。
最初はヒューマンがゴール前で積極的にゴールに向かう場面が見られてきた。
一方フースバルは手薄となったヒューマン陣地で華麗な攻撃を見せ始める。
この日グランドで1番輝いていたフースバルの17番田島(1年=正智深谷)がチャンスを作る。
7分、田島は10番大石(3年=藤枝東)からのパスを受けると相手をかわし、西野へ絶妙なスルーパス。
しかしこれはわずかに通らず。フースバルは徐々にいつものサッカーを展開し始める。
さらに、田島が左サイドを突破し深くまでドリブルでえぐり中央に折り返すが、こボールはわずかに合わずクリアされてしまう。
さらに10分、フースバル大石の強烈なミドルシュートはゴール左へわずかにそれる。
フースバルの時間が続く中、ヒューマンはじっくりと耐え続けチャンスを待つ。
一方のフースバルはなかなか先制点を取ることができずに焦りが見られ始める。
そして、前がかりになったフースバルにヒューマンが襲いかかる。
22分、セットプレーのカウンターでヒューマンが2対1という局面を作る。
ヒューマンが完全に隙をつきゴールかと思われたが戻った安藤がなんとかブロックしフースバルを救う。
終盤の27分、ヒューマンが高い位置でボールを奪い、菰原が右足を振り抜くがミートせず。
そして30分、フースバルに絶好のチャンスが訪れる。
中央で西野がDF2枚をかわし、左サイドで待ち構えていたエース大石へ。
これを大石が左足を豪快に振り抜く。ボールは鋭く低い弾道でファーサイドネットに突き刺さった。と思われたが無情にもボールはタッチラインを割りノーゴール。
これがラストプレーとなり試合終了。
最後のベスト4への切符を懸けた試合はPK戦へと突入する。

img_5012

PK戦

先行のフースバルの1人目は大石。
左サイドに蹴り込まれたボールは山崎がセーブし、ヒューマンは歓喜に沸く。
心に余裕が生まれたヒューマンのキッカーたちは次々と豪快なPKを披露する。
フースバルも2人目以降全員決めて迎えた5人目。先行のヒューマンが決めたら勝利となる。
キッカーは19番宝代(3年=関西大倉)。宝代がしっかりと決め、スコアは5-3。ヒューマンは歓喜の渦となる。
PKストップした山崎は先日の槙野のように逃げ回っていた。

img_5011

勝利したヒューマンは次週明治グルービーとの準決勝を控えた。
キャプテンの30番緒方(3年=加治木)を中心にチーム一体となり決勝戦へ進めるのか注目だ。

一方フースバルは、負けてはしまったものの素晴らしいサッカーを展開した。
フレッシュな1年生も加わりさらに注目していきたいチームとなった。

中央大学
体同連フースバルクラブの詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2017.09.05

【アットホームカッププレーオフ決勝】日大BAMBINOが粘り強い守備でジャイアントキリングを果たす!!

アットホームカッププレーオフ決勝

中央大学
サッカー同好会
0-1
日本大学
教育サッカーBAMBINO
read more BeYonD 編集部

アットホームカッププレーオフ決勝

中央大学
サッカー同好会
0-1
日本大学
教育サッカーBAMBINO
試合情報 2017.05.27

【新関東カップ2017 3回戦】これぞジャイアントキリング!!首都大八雲が脅威の粘りで慶應リコタイを逆転で下す!

新関東カップ2017 3回戦

首都大学東京
八雲FC
3-2
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more 古平 翔太

新関東カップ2017 3回戦

首都大学東京
八雲FC
3-2
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
試合情報 2018.05.21

【新関東カップ2018 3回戦】圧巻の逆転劇!中央同好会が後半の2得点で1部の明治生田を下す!

新関東カップ2018 3回戦

中央大学
サッカー同好会
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more 高木啓行

新関東カップ2018 3回戦

中央大学
サッカー同好会
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2018.05.09

【新関東カップ2018第2回戦】初戦を快勝!中央同好会は好調の滑り出しで3回戦の生田に挑む!

新関東カップ2018 2回戦

中央大学
サッカー同好会
4-0
明治学院大学
白金FC
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2018 2回戦

中央大学
サッカー同好会
4-0
明治学院大学
白金FC
試合情報 2017.03.03

【スプリングカップ決勝】立教大学サッカー愛好会が優勝しグアムへの挑戦権を獲得する!

Guam Championship 鹿島ハイツRound

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

Guam Championship 鹿島ハイツRound

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.02.23

【専修大学学内戦決勝】専修大学Pink Monky’sがチャンスを確実にモノにし、昨年の雪辱を晴らす。

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
試合情報 2017.05.29

【新関東カップ2017 3回戦】日大BAMBINOが圧巻の5ゴールで明治ESPERANZAを下す!!

新関東カップ2017 4回戦

日本大学
教育サッカーBAMBINO
5-0
明治大学
ESPERANZA
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 4回戦

日本大学
教育サッカーBAMBINO
5-0
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2019.11.07

【新関東リーグ2019一部・第5節】マガ杯決勝の再戦!合計5ゴールの打ち合いを制したのは!?

2019新関東リーグ1部

立教大学
サッカー愛好会
3-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 丸山椋大

2019新関東リーグ1部

立教大学
サッカー愛好会
3-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.05.30

【新関東カップ2017 4回戦】ポテンシャル集団Groovy Kidsが1部の意地を魅せつける!!

新関東カップ2017 4回戦

首都大学東京
八雲FC
0-2
明治大学
Groovy kids
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 4回戦

首都大学東京
八雲FC
0-2
明治大学
Groovy kids
試合情報 2017.02.09

【新人戦1年生大会①・決勝戦】中大フースバル同士の対決は、中村の強烈な一撃で幕を閉じる

新人戦1年生大会①・決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブA
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブB
read more BeYonD 編集部

新人戦1年生大会①・決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブA
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブB

-PICKUP CIRCLE-