【チームの根vol.2】 ”モモレンジャー” 法政大学学団連サッカー部 高野勇貴(3年=日大習志野)

BeYonD 編集部

ピッチに立てるのは11人。ただチームの力はその11人じゃ決まらない。自分を下手くそ、盛り上げ役と表した男の胸に秘めた思いに迫った。

 

 

法政大学学団連サッカー部 高野勇貴(3年=日大習志野)

image写真右 

 

まずは学団連入部から振り返ってもらった

 

「最初は別に学団連じゃなくてもよかった。きっかけはサークル選びを一緒にしていた友達が学団に入ったから。一年生の時はもう一つ別に入っていたフットサルサークルばっかり行っていたし、学団連はサッカーも強いしあんまり自分には合わなそうだったから、イベントくらいしか行ってなかった」と明かした。

 

転機は一年時の冬だった。

「自分でもよくわからないけど一年生大会に参加してて、チームが準優勝した。それまで練習とかにもまともに参加していなかったし、当然試合にも全然出られなくて。でも準優勝してみんなが喜んでいた。自分は内心全然喜べなくて、何やってんだろうって思った。多分そこが学団連に行きだしたきっかけかな」と語ってくれた。

結果を上げ、皆で喜ぶ輪の中に何もできなかった自分が入れないことで奮起させられたようだ。

 

二年生に突入し、幹部を引き継ぐタイミングで彼は総務に抜擢された。(主に練習場所の手配やイベントの管理)「二年生でそろそろ自分たちの代だって時に、幹部の枠が一つ空いていて自分が入った。周りは出てるやつらばっかだったし俺でいいのかなってのはあったけど引き受けた」

 

幹部としてチームの中核になったことでも、サッカーへの意識は変わったようだ。

「当然幹部なわけだから試合にも全部行った。けれど自分の出番は勝ち試合の最後とかで。それが本当に嫌だった。そこが一番練習に取り組めたモノかもしれない。」

 

“うまくなってやろう”という純粋な気持ちと“見返してやろう”という野心とともにとにかくがむしゃらに練習に励んだという。常に悔しさをバネに、自分のサッカーへの、学団連への熱意を一段階も二段階も上げてきた、そんな12年生を過ごしていたようだ。

 

 

3年生になり、彼らの目標はとにかく“上”だったようだ。夏のマガ杯の結果は五位。決して悪い成績には聞こえないが、大きな壁にぶち当たっていたようだ。

「五位っていう結果だったけど負け方が微妙だった。ここでもっとやらなきゃ上には行けない、学内戦でも勝ち上がれないって気が付いて練習量も一気に上げた。後々振り返るとマガ杯は自分たちの位置を知れたいい機会だった」

 

そのこともあってか、学団連3年生は見事学内戦優勝を果たす。特に決勝戦は思い出に残っているようだ。

「今までは疲れた時の駒みたいな感じだったけど、決勝で代表に『お前しかいない。行くぞ』って言われたときは今までで一番嬉しかった」と語った。

 

 

学内戦以外にも多くの大会合宿のタイトル、アットホームカップ準優勝、全国大会ベスト4などの輝かしい戦績をあげた。

 

 

そんな学団連の強さの根底には全員が同じ方向を向けたことにあったという。

「みんなでの話し合いの場をたくさん設けたことで、皆が同じ方向を向けたと思う。練習前とか少ない時間でも話し合うことで全員の意志が共有できた。だから誰かが大事な時期に練習に来なかったみたいなことがあったらみんなで何やってんだとも言えた。」

全員が腹を割って話し合える環境を作り、向き合い、そして同じ方向を見ることで目標が具現化しこのような結果に繋がったのだろう。全員が仲良くなければ到底できないことだ。

 

 image

 

 

続いて胸に秘めていた思いを吐露してもらった。

その中で彼のサッカーとチームへの思いを感じた。

 

 

「もちろん自分が一番下手っていうのは分かってたし、みんなも口には出さなかったけど分かっていたと思う。だけど負けたくない気持ちはずっとあって、スタメンに選ばれなかったときとかは一人で黙ってなんでだよ、みたいなこともあった。けどチームのことを第一に考えてたからそういうのは絶対出さなかった、出せなかった。負けたときとかにプレーヤー、マネージャーが落ち込んでいたらチームの雰囲気を持ち上げようとしていた。それができたのはやっぱりチームを考えてのことだし、それくらいみんなが好きだったから」と、個を捨ててまでチームに徹していたこと、そしてチームを愛していたことを教えてくれた。

 

ただ、当然サッカーをする者として、捨て切れない部分をある。

「本当は出れなくて悔しいし、みんなをぎゃふんと言わせてやろうって思ってたし。出たら常に点を決めてやろうと思っていた。そんな中で、いつもは試合に出てミスしたらみんなに笑われたりするけど、いざ点を取ったり、予想しないプレーをしたときとかベンチのみんなが喜んでるのを見ると本当嬉しくて、サッカーやっててよかったなと思う」と、語った。そんな瞬間がサッカーにはゴロゴロ転がっている。だからこそ捨ててはいけない思いなのだろうし、捨てきれない思いなのだろう。

 

 

今回の対談は学団連のマネージャーが高野を斡旋してくれたことで実現した。そんなマネージャーとの関係も聞いてみた。

特別なことはしていないと前置きをしつつ「比較的いじられるから絡みやすかったと思う。どんなことも話したし、みんなの性格も知ろうとした。この子はこういう子だからこう接しようとかしたり。普通に絡んでただけなんだけど」

全員と仲良くし、全員を知る。普通に聞こえるがとても難しいことだ。多くのマネージャーが気兼ねなく参加できたのは彼の貢献が大きいかもしれない。

そして同時に感謝の気持ちも述べていた。

「マネージャーはみんなで仕事をしようって感じで。その中で割れることなくみんなで来てくれたのは本当にデカかった」と述べた。

 

 image

 

最後に自分の立ち位置を教えてもらった。

 

 

「戦隊ものでいうとピンク。俺だからこそ輝ける場所がある。赤とか青とかのメインじゃないんだけどいる存在。いないとちょっとヤダみたいな。待って、難しいな()」と頭をパンクさせてしまった。

ただ、言わんとしていることは分かる。五人そろって当たり前の戦隊もの。いて当然だと思われるが、いることによってチームに華を持たせることができる。取材中にその具体例は上がっていた。

 

「試合中はベンチにいるときは騒いでチームを盛り上げた。試合の流れが悪い中で、下手でサッカーができないキャラの俺が試合に出て、いいプレーをしたりするとチーム全体が活気づくし、そういうのは気づいてた」

 

彼だからこそできるチームの盛り上げ方。その華やかさは一緒にいても分からないし、いなくなって初めて気づくものかもしれない。自分の立ち位置を完全に理解し、サッカーでもサッカー以外の時も輝かせられる。だからチームのためにそう動く。それが“学団連のモモレンジャー”の戦い方だったのかもしれない。

 

 

一年生から学年で戦い続ける学団連の三年生は、四月から四年目のチームとなる。

「うちのチームは調子がいいけど真面目。みんなで『また全国行っちゃう?』ってふざけて言ってるけど、学内戦に向けて、就活の合間縫ってちゃんと社会人チームでサッカーしてるやつもいるし()

高野がピッチ内外でチームを輝かせ、学団連が今年も大舞台で暴れまわることに期待しよう。

image

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.04.04

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは… 中央大学体同連FUSSBALL CLUB 3年 川田珠莉さん   ―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入…

read more 大竹彩郁
コラム 2019.04.07

【新歓記事2019】vol.11 中央大学

強豪ひしめく中央大学のサークル紹介です! 中央大学サッカー同好会 ・大学名・チーム名 (中央大学サッカー同好会) ・自分達のサークルを一文で表すと! (サッカーをガチでや…

read more 三木大輔
コラム 2017.03.19

【BMOM31】田中圭介(1年=日大藤沢) ”食いしん坊ドリブラー”

【BMOM31】法政学団連サッカー部  MF17 田中圭介(1年=日大藤沢)   先日行われたGuam Championship 鹿島ハイツラウンドにて法政大学学団連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.23

【BMOM124】増田圭(3年=日大日吉)187cmの長身DFが勝利に貢献

5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELD にて青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青山理工)vs 日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)の試合が行われた。 パスサッカーを掲げる…

read more 長谷川聡志
コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more 古平 翔太
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more 成瀬将希
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more 古平 翔太
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.14

【美女マネvol.17】今回は素敵なジャージを羽織り、肉まんを頬張る美女マネ!

どーも、美女マネです!   少し遅くなりましたけど、Jリーグが開幕しましたよね!   そんなJリーグも今年2017年はスカパーからDAZNに移行してDAZN元年…

read more 広瀬翔大
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-