新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

BeYonD 編集部

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞いてきた。

2016年度

1年間を振り返って
「去年は一番弱い代と言われていた。最初は全然勝てなかった。だからこそ練習から見直して、明大カップ取ってから徐々に結果がついてきた年ですね」と話してくれた。弱いチームと言われ続けたからこそ足元を見つめなおし、練習から地道に変化の糸口を探していった。その結果として明大カップ優勝、さらには新関東リーグ1部昇格という大きな収穫を得た。
ライバル
「去年は早稲田ヒューマン。勝てそうだったけど勝てない。大一番で勝てない。今年は慶應リコタイ。プレミアカップと理工リーグではリコタイに勝てなかった」と語るようにリコタイには新チームになって2戦2敗と思うような結果がでていないようだ。個人ではフースバルの大石元気(2年=藤枝東)とリコタイの蓮池荘(2年=錦城)を挙げた。大石について、「あの人はやばかった。プレミアの時に大石1人に結構やられてしまった。もう1人リコタイの10番については、独特の持ち方でボールを取りづらい。技術の高い選手だった」と話してくれた。

img_3022

(写真=フースバル大石)

2017年度

目標
「学内戦優勝。アットホームカップ優勝。新関東リーグ1部昇格を決めたため、リーグも楽しみ。そこは挑戦するつもりで」と話してくれた。生田が1部に昇格したことによって明大は体同連とグルービーを合わせ3サークルが1部に所属していることになる。学内戦は熾烈を極め、多くの大会で顔をあわせることが増えるだろう。明大対決から目が離せない一年になるだろう。

チームコンセプト
「ポゼッション。去年とは全然違う。守備的だった去年に対して、ボールをつないで攻撃的に攻めていく。最初でなかなかうまくいかないしまだまだ手探り。理想はポゼッションだけど現実と理想のギャップもまだまだある」と話してくれた。もともと守備のしっかりしたチームである生田に今までの以上の攻撃力が加わることを考えると脅威である。ただそう簡単にいかないのも現実のようだ。今年1年は生田にとって、挑戦の年と言っても過言ではないだろう。どこまで完成度の高いチームを作れるかに注目だ。
注目選手

image
代表がチームの心臓と期待を寄せる高木一真(2年=東工附)。「練習には来ないけど社会人などで培った豊富な運動量をもとに相手ディフェンスをごぼう抜きして欲しい。ラストパスを自分にくれれば」と話してくれたように中盤でいかに高木が機能するかが今年1年の生田の命運を握ると言っても過言ではないだろう。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.06.27

【フットサル】「LEGRO FUTSAL LEAGUE powered by R.project」 とは??

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018開幕!! BeYonDでは今年度より新たにフットサル部門を立ち上げ、フットサルとサッカーの2本の柱で盛り上げることになりました!! そして、フット…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more 落合陸
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・1部第5節マッチハイライト】混戦の優勝争い、優勝へ向けてグスタが勝ち点を積み重ねる!

11/3(日) 鹿島ハイツで第5節4試合が行われた。 第1試合目は早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の試合。 終始拮抗した試合展開だったが、終了間際に稲…

read more 落合陸
コラム 2017.03.30

【新入生必見!同好会チームガイドvol.5】明治大学編その1

さてさてやってまいりました!華のMARCH!明治大学編です。 今回は、関東サッカー同好会カテゴリー最大のリーグ、新関東フットボールリーグに所属する4チームをご紹介します。 明治大学Groovy…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more 澤田結人
コラム 2019.02.25

【インタビュー記事 ISA 坂井惟史氏】ISAのサッカー留学事業に迫る!! 

「人生の転換期は間違いなくイギリス留学!」 と語る、坂井惟史氏。 今回、BeYonDでは留学事業を柱にサッカー事業を幅広く展開する International Sports Acad…

read more 川瀬日明

-PICKUP CIRCLE-