【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

BeYonD 編集部

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります!
プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。

第一弾はスポーツマネジメント株式会社の白井俊之さんです!。
「アマチュアサッカーの普及・競技力向上に貢献する」という理念を掲げているスポマネで働く白井さん。
体育会出身ならではの同好会に対する想いも伺ってきました!

 

━━現在の仕事内容について教えてください。

現在は小学生・中学生・高校生・大学体育会のサッカーチームのサポートと公式戦の事務局や大会の企画運営を中心にアマチュアサッカーの環境をよりよくするために働いています。
チームのサポートでいくと、公式戦のために会場周辺に前入りするための宿泊手配や、トレーニング合宿・海外遠征などの手配をはじめ、ユニフォーム・ウェア販売、チームの主催大会のサポートなどなど多岐に渡ります。
サッカーに特化している強みを生かして、ただニーズに応えるだけでなく、顧問の先生やコーチの方々と一緒に様々なことを考えたり、こちらから提案したりとチームの参謀的存在を個人的には目指しています。
公式戦の事務局に関しては、たとえばリーグ戦の結果集約や配信、経理業務などリーグ運営を一手に担います。それにより、顧問の先生方、チームの方の手が少しでも空き、チームの指導により集中してほしいと思っています。

 

━━そんなに幅広いことをやられているんですね!どんな就職活動をされていましか?

私は『人の力をサッカーで最大化する』ことと『輝いている人たちと仕事をする』をキーワードに就職活動をしていました。
そのためにとある企業が開催しているスポーツ関連企業の方の話を聞くことができるセミナーと、現場運営やチケット、スポンサー営業のインターンをして、さまざまな経験をしていました。
たまたまその時お世話になっていた方にスポマネを紹介してもらい、スポマネの存在を知り、気づいたら入社していました笑

 

━━その中でも、なぜスポマネに入社されたのですか。

一番は働いている人が輝いて見えたことです!
実はスポマネを知る前にいくつか内定をいただき、入社を決めていた企業があったのですが、スポマネで働く方々の輝きとどんどん自分がしたいことができるのではないかという思いから、入社を決めました。
そしてやりがいがある仕事内容だったことと、自分次第で責任ある仕事を任せてもらえる社風に惹かれました。
現在、やりがいと責任のある仕事を任せてもらっていて、とても幸せだと感じています。そういう環境と、何事に対しても意見を言いやすい雰囲気を作ってくれている先輩方には本当に感謝しています。

img_6784

 

━━1番やりがいを感じた瞬間はなんですか?

1年目に自分で大会の企画を考え、営業して開催することができたのですが、その大会がスタートするキックオフの笛を聞いた瞬間の感情は一生忘れることはないと思います。最高の瞬間でした。いまはその大会をブラッシュアップさせ、よりよいものになるよう、試行錯誤しています。

 

━━白井さんは体育会出身だったということですが、同好会に対する想いはいかがですか。

正直、体育会出身だったこともあり、入社当時は、あまり良いイメージではありませんでした。
しかし、同好会の学生たちと関わっていく中でイメージが180°変わりましたね
学生たちだけで、チームを創り上げて、勝った時にはみんなで感情を爆発させる。
縛られていないというか、自分にとっては新鮮で、そういうサッカーの楽しみ方があるんだなと新たな発見でした。
体育会の良さと同好会の良さがミックスすれば、より良い組織が生まれるのではないかと思っています。

 

━━今後の目標はありますか。

今後の目標は一般企業のニーズをスポーツで叶える動きをしたいと思っています。ニーズとは例えば、スポーツに打ち込んでいる学生を採用したい。あとはサッカーをしている人たちやその年代の方々に宣伝やアプローチしたいなど、様々だと思います。
現状、弊社では他のメンバーがそのような法人向けの動きをしていますが、自分はまだできていないので。
スポーツの社会的価値をさらに高められるようになりたいと考えています。

 

━━どんな人と一緒に働きたいですか。

やはり熱い思いを持った人と働きたいと思っています。
なにをやりたいのか、なにを成し遂げたいのか、ぜひいっぱい考えてもらいたいです。僕もまだまだ修行中です。力を合わせてサッカー界をよくできたら最高ですね!
就職活動は自分をみつめることができる本当に大切な時間だと思います。ぜひ就活生のみなさんにはいまこの瞬間を大切にしてほしいです!

 

━━サッカーを仕事にすること。の魅力はなんですか。

サッカーの深みを感じることができるのがとても魅力です。
サッカーの素晴らしさを肌で感じ、環境をよりよくしていく、とてもやりがいがあると思います。

 

━━素晴らしいですね!ありがとうございました!

 

スポーツマネジメント株式会社は現在新卒採用のエントリー受付中です!
<説明会>@スポーツマネジメント株式会社 本社5F 「スタジアム」
ただいまキャンセル待ち受付中です!
3/21(火)11:00~13:00(10:30受付開始)
3/22(水)11:00~13:00(10:30受付開始)

詳しくはこちらから!

 

いかがだったでしょうか。こういった裏でのスポマネの方のサポートがあり、僕たちは良い環境でサッカーできているんですね!
サッカーを仕事にすることvol.2も楽しみに!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.16

【フットサル新歓記事vol.5】東京大学編(さんぱち先生、FIFTY626)

・自分達のサークルを一文で表すなら 以和征技  ・大学、チーム名  東京大学、さんぱち先生 ・活動地域  東京都内 ・設立年 2000年 ・所属リーグ  F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.08.03

【マネの想いvol.5】“勝利の喜びを共有させてくれて、ありがとう”

第5弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 慶應義塾大学 慶應キッカーズ 3年 諸星咲奈さん (写真右) ―キッカーズのマネージャーはどんな仕事していますか? 正直1番…

read more 田中菜々美
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.11

【新歓ムービー紹介vol.2】中央同好会、早稲田理工、慶應リコタイ、立教愛好会

中央大学 サッカー同好会 https://vimeo.com/213201875 【コンセプト】 同好会にとって最も重要なオンザピッチとオフザピッチの切り替えの部分を、年間行事を通して分かり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.30

【チーム特集】立教大学サッカー愛好会

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】第2グループで優勝いたしました「立教大学サッカー愛好会」に独占インタビューを行いました! 代表#00河崎零士さん、マネージャー#7竹本小雪さん、マ…

read more 青木優太
コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部B第6節】マッチプレビュー

  1位 早稲田大学 FC.GUSTA 第4節まで無傷の4連勝を飾り、失点もオウンゴールのみの1点と首位を独走していた早稲田大学FC.GUSTA。5節の法政工体連戦、前半9分…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-