【新チーム始動インタビューvol.9】“早稲田大学 FC.GUSTA”

澤田結人

昨年度、新関東リーグ2部で優勝を果たし、悲願の1部昇格を決めた早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ) 。

当時からボランチでタッグを組み、1部昇格に貢献した、

現キャプテンの池田洋平(3年=八千代)と現幹事長の加藤弘基(3年=川和)にインタビューした。

 

2015/2016シーズン

昨シーズンを振り返って

「早稲田学内戦では、予選、決勝トーナメント、ともに稲穂キッカーズに当たった。2試合とも1点が遠く、接戦をものにできなかった。でも感触は悪くなかった。正直、戦えているという感じがした。次やったら勝てるんじゃないかと。

だが、新関東カップ戦で、再び稲穂キッカーズに負けを喫した。追いついて、PK戦までもつれ込んでも勝てなかった。ここまでやっても勝てないのか、と、チーム全体のモチベーション低下が見えた」と答えてくれた。

そして「残念ながら、マガ杯では思うように結果が出なかった。しかし、全員が同じベクトルを持ち、1部昇格という目標に対してチーム一丸となった結果、新関東リーグ戦は、毎試合自分たちのペースで勝ちきることができた。そして自動昇格戦では、退場者を出しながらも、明治生田蹴友会に勝って1部昇格を決めることができた。」と語ってくれた。

「しかし、こう考えてみると、決して勝てる1年ではなかった。特にマガ杯では1回戦で明治体同連Bに2-0で負け、新関東リーグ1部との差を感じた。自分のマッチアップした選手にも中盤を支配されてしまい、個人としてもチームとしても完敗で、とても悔しい思いをした」と池田は言う。

加藤はこんなことも話してくれた。
「新関東カップ戦が終わった後、当時のキャプテンと幹事長がグスタの方向性について話し合っていた。
勝ちに走りすぎていないか。サークルの楽しさを忘れているんじゃないか。グスタの本質を見失っていないか』と。
あらためて、グスタの方向性の見直していたんだ。」

楽しさと勝ちを両立するのは容易なことではない。事実、結果が伴わないことばかりであったと振り返ってくれた。
しかし、当時の幹部代がチーム全体を巻き込み、モチベーションを上手く保ったこと、そして雰囲気を作り上げ士気を高めたことが1部昇格のカギとなったようだ。
img_5885

 

印象的なチーム

「フースバルは本当に強かった。稲穂フェスタで対戦したがグスタにとって理想的なチームだった。ポゼッションで圧倒され、これは勝てないなとすら思った。組織的に戦ってきて、力の差を感じた」と両選手は話してくれた。
以下でも触れるが、ポゼッションサッカーを目指すグスタが見習うべきチームとして、中央大学のフースバルクラブを例に挙げてくれた。

 

2016/2017シーズン

目標

「まずは1部に残留することを目標にしたい。前回1部に昇格したときは残留することができなかった。
今回は2度目の1部挑戦となるが、グスタの未来のためにも、1部の常連として戦い続けることの第一歩となれればいい」
と、高望みすることなく、腰を据えて話してくれた。

スタイル

「ポゼッションサッカーを体現したい。ポゼッションの練習を取り入れながら、かつまた走力も上げるトレーニングをしていこうと思う。週3回の練習は自由参加であるため、すり合わせていくのが難しいが、チームコンセプトを徹底させていきたい」とキャプテンは考える。

また加藤は、「味方からの応援は絶対に力になる。マネージャーや控えの選手に応援してもらえるように、全員を巻き込んだ雰囲気作りもしっかりとやっていきたい」と、応援を軸にチームの活性化を図っていくことにも触れてくれた。

注目選手

まずFWの日高拓海(2年=大分上野丘)を挙げた。
「小柄なものの、一瞬のスピードで相手を置き去りにする力や、ボールコントロール、そしてストライカーとしての嗅覚を備えている」という。

さらにMFの安東尚宏(2年=國學院久我山)の名前が出た。
「相手に囲まれてもドリブルで打開することができる選手。前を向いたら必ず脅威になれる」と期待が寄せられた。

2年生2人を引き合いに出しながら、下級生からの底上げを考えているようだ。

そして最後に、GKの副キャプテン那須将司(3年=延岡)を挙げた。
「能力は申し分なく、後方からのビルドアップには欠かせない。パントキックは正確無比で攻撃参加ができる選手」と、ポゼッションサッカーには欠かせないキーパーの那須の名前を挙げてくれた。
img_5879
昨年度、新関東リーグ1部昇格を果たしたFC.GUSTA。振り返ってみると、道のりは決して楽ではなかった。
先代の襷を受け、新チームが始動したいま、1部残留の目標へ向けチームの底上げと徹底した意思統一が欠かせない。
ここで残留するか降格するか、いまグスタの真価が問われている。

 

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

澤田結人

sawada

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.03

【イケメン特集vol.1】筋肉ゴリゴリ色黒爽やかイケメン!

こんにちは!   8月も終わり、9月から同好会カテゴリー一大イベントマガジン杯がとうとう始まりますね! この大会にかけてるチームも数多いと思います。みなさん怪我に気をつけて…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.07.29

【マネ長対談 vol.1】‘’知られざる他チームの実態‘’

今年も暑い夏がもうすぐそこまでやってきました!? 新しくサークルに入った1、2年生も、少しずつサークルの雰囲気がつかめてきた頃でしょうか? 自分のサークルの雰囲気を知れば、それはもう他のサ…

read more 田坂帆香
コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.25

【マネの想いvol.1】 ”プレーヤー目線に立てるマネージャーでいるために”

大学サッカー同好会カテゴリーにおいてマネージャーは必要不可欠な存在である。また、マネージャーのあり方もチームによって大きく異なる。本企画は、様々なチームのマネージャーの想いをインタービュー形式で探って…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.25

【BMOM95】早稲田稲穂GK落合裕太(3年=日大藤沢)頼れるGKはカバーリングスキルも卓抜!

[05.20  新関東カップ 2018 3回戦  早稲田稲穂 0(6)-(5)0 早稲田ヒューマン 鹿島ハイツ第4グラウンド] スコアレスドロー、枠内シュート無し。 このような試合展開…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.28

【BMOM17】鷲田正英(3年) 生田キラーが全得点に絡む活躍で2度目の1部昇格を決める

快速ウインガー 涙のラストラン   新関東FL2部Bを無敗で優勝した早稲田大学FC.GUSTAは、先日行われた1部昇格戦で2部A王者の明治生田と対戦した。 2年前の昇格戦と同カード…

read more 古平 翔太
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2020.06.20

【マネの想いvol.4】”稲穂は大学生活の全て”

第4弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学稲穂キッカーズ 3年 船見優奈さん −稲穂キッカーズ(以下稲穂)に入ったきっかけを教えてください。 最初は新歓コン…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.05.02

【BMOM37】小池建(3年=幕張総合)強烈な左足で1G1Aの活躍

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 早稲田大学CRUYFF 0-4 明治大学BeeVoo MF小池建(3年=幕張総合) 新関東カッ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-