【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

古平 翔太

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。

現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制し稲穂の三冠を防いだ中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)。
近年の同好会カテゴリのタイトルを総なめにしてきた両チームの一戦は圧倒的なスピード感とその迫力で観る者を惹きつけた。

序盤フースは73番大和田(4年=水戸商)を中心としたハイプレスで稲穂のミスを誘いチャンスを得るなど稲穂を押し込む展開に。
昨年リーグ戦全勝優勝を果たした稲穂に対しフースが黒星をつけようと気迫を見せるも徐々に稲穂に決定機を作られてしまう。

そんな中圧巻のセービングでゴールを守り抜いたのが2年生でフースのゴールマウスを任されている1番小川潤之助(2年=杉並FC)だ。

41d38486-8de4-4105-82ed-cb5fc25a0c65

前半33分、稲穂47番近藤(2年=日大藤沢)のFKをフースディフェンダーがクリアを誤りポストへ直撃。
そのこぼれ球に稲穂選手が詰めゴールかと思われたが、これを小川が必死の戻りを見せゴールライン上でセーブ。
誰もがゴールかと思ったシーンだったが小川が先制点を割らせなかった。

そして、迎えた後半28分。
92番中島(1年=早大本庄)がフースディフェンスを完全に置き去りにしキーパーと1対1のビッグチャンスを迎える。
しかし、ここも小川が果敢な飛び出しでスーパーセーブ。
2失点しても仕方のないようなピンチを2度も防ぎ稲穂相手になんとか勝ち点1をもぎ取った。

 

2本のビッグセーブに目を引いたが、得意のパントキックからサイドにピンポイントで合わせ攻撃の起点にもなった小川が新関東リーグ最注目カードのBMOMだ。

 

cb45de87-d0b3-4e49-80d6-ec468b508e30

お互いに勝ち点1を分け合う試合となり次節に向けての声が飛び交う中、小川へインタビューをした。

--昨年度リーグ戦全勝優勝、今年度もすでに2冠を達成している稲穂との注目の初戦。どのような意気込みで臨んだか?
「カップ戦、マガハイと稲穂に獲られていたためリーグ戦を獲るための天王山として臨みました」

 

--自身のビッグセーブもあり勝ち点1を分け合う結果となった初戦について。
「リーグは積み重ねなので勝ちきれなくても無失点に抑えて勝ち点が取れた事が良かったなと思います」

 

--次節の意気込みは。
「これで負けられない戦いが始まったので次節からも無失点優勝目指して頑張ります」

 

名門校揃いで層の厚いフースバル。
そんなチームの中でゴールを堅実に守る小川は決して目立つ選手ではないかもしれない。
しかし、そんな彼が最後尾からチームを支えているのは間違いないだろう。
稲穂の3冠を阻止し、フースバルを悲願のリーグ制覇に導くことができるか今後も注目だ。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.11

新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.18

【BMOM77】三好駿(2年=福島東)ラスト10分の攻防、鍵を握るのはこの男!

新関東リーグ2017の1部第3節、明治大学体同連サッカー部(以下体同連)と早稲田大学F.C.GUSTA(以下GUSTA)の試合がZOZOパークで行われた。 初戦ということで、両チーム気合が入っていた…

read more 遠藤拓朗
コラム 2017.02.16

【新人戦2年生大会】 総集編

【優勝】 慶應義塾大学リコタイChanpagenaFC 【総評】  2月5・6日に行われた2年生学年大会。抽選によりグループリーグの組み合わせが決まった。昨年度準優勝の立教愛好会…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.06

【同好会基礎情報vol.11】アットホームカップとは?

  こんにちは! ついにどこの大学も夏休みが終わり 長袖がちょうどいい季節になってきましたね。   でも皆さん、涼しい顔をしてる場合じゃないですよ?? …

read more 篠田 麻衣
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.13

【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん 「全てを懸けて。」 −まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。 南アフリカW杯…

read more 神垣柚乃
コラム 2017.04.01

【新入生必見!同好会チームガイドvol.7】上智大学編

The 上智大学FC EAGLE 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ3部 【男性メンバー数】 35名 【女性メンバー数】 25名 【SNS・ホームページ】 Twitter…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more 斉藤 耕兵

-PICKUP CIRCLE-