【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

古平 翔太

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。

現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制し稲穂の三冠を防いだ中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)。
近年の同好会カテゴリのタイトルを総なめにしてきた両チームの一戦は圧倒的なスピード感とその迫力で観る者を惹きつけた。

序盤フースは73番大和田(4年=水戸商)を中心としたハイプレスで稲穂のミスを誘いチャンスを得るなど稲穂を押し込む展開に。
昨年リーグ戦全勝優勝を果たした稲穂に対しフースが黒星をつけようと気迫を見せるも徐々に稲穂に決定機を作られてしまう。

そんな中圧巻のセービングでゴールを守り抜いたのが2年生でフースのゴールマウスを任されている1番小川潤之助(2年=杉並FC)だ。

41d38486-8de4-4105-82ed-cb5fc25a0c65

前半33分、稲穂47番近藤(2年=日大藤沢)のFKをフースディフェンダーがクリアを誤りポストへ直撃。
そのこぼれ球に稲穂選手が詰めゴールかと思われたが、これを小川が必死の戻りを見せゴールライン上でセーブ。
誰もがゴールかと思ったシーンだったが小川が先制点を割らせなかった。

そして、迎えた後半28分。
92番中島(1年=早大本庄)がフースディフェンスを完全に置き去りにしキーパーと1対1のビッグチャンスを迎える。
しかし、ここも小川が果敢な飛び出しでスーパーセーブ。
2失点しても仕方のないようなピンチを2度も防ぎ稲穂相手になんとか勝ち点1をもぎ取った。

 

2本のビッグセーブに目を引いたが、得意のパントキックからサイドにピンポイントで合わせ攻撃の起点にもなった小川が新関東リーグ最注目カードのBMOMだ。

 

cb45de87-d0b3-4e49-80d6-ec468b508e30

お互いに勝ち点1を分け合う試合となり次節に向けての声が飛び交う中、小川へインタビューをした。

--昨年度リーグ戦全勝優勝、今年度もすでに2冠を達成している稲穂との注目の初戦。どのような意気込みで臨んだか?
「カップ戦、マガハイと稲穂に獲られていたためリーグ戦を獲るための天王山として臨みました」

 

--自身のビッグセーブもあり勝ち点1を分け合う結果となった初戦について。
「リーグは積み重ねなので勝ちきれなくても無失点に抑えて勝ち点が取れた事が良かったなと思います」

 

--次節の意気込みは。
「これで負けられない戦いが始まったので次節からも無失点優勝目指して頑張ります」

 

名門校揃いで層の厚いフースバル。
そんなチームの中でゴールを堅実に守る小川は決して目立つ選手ではないかもしれない。
しかし、そんな彼が最後尾からチームを支えているのは間違いないだろう。
稲穂の3冠を阻止し、フースバルを悲願のリーグ制覇に導くことができるか今後も注目だ。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more 高橋優斗
コラム 2020.09.28

1マネが語るサッカーサークルのイメージとは?

今回は、この夏新たにサークルデビューした 3人の1マネにサッカーサークルについてインタビューしました。   サッカーサークルを選んだ理由や印象、実際入ってみて感じたことなど…

read more 川田 珠莉
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.16

【高校別OB座談会vol.5】市立浦和OB座談会 高校選手権出場の思い出を振り返る!

群雄割拠で高校サッカーの激戦区である埼玉県内で強豪として名の知れているさいたま市立浦和高等学校(以下:市立浦和)。 そんな市立浦和のOBたちに高校時代の思い出やそれぞれのサークルについてインタビュー…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.29

【BMOM127】中村亜門(2年=横河武蔵野)決勝点でチームを3年ぶりのベスト8へ導く!

新関東カップ3回戦 慶應義塾大学慶應キッカーズ(以下:慶應キッカーズ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合が5月25日に矢田部サッカー場にて行われた。 ポゼッションを得意とするチ…

read more 平野楓
コラム 2017.04.11

【新入生必見!同好会チームガイドvol.17】神奈川大学編

なんともいえない独特なマスコットキャラクター、JINくんとKANAちゃんでお馴染み、通称神大、神奈川大学のサッカーサークルのいくつかをご紹介します! お馴染んでないとの声が聞こえました。…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-