【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

斉藤 耕兵

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。

中央フースバルがボール支配率70%近く保持する中で辛抱強く猛攻を耐え続けた、この日の早稲田グスタDF陣の集中力は圧巻であった。

そんな早稲田グスタDF陣を背中で引っ張っていたのがDFリーダーの金子凌大(3年=早大本庄)である。中央フースバルの決定機を体を投げ出してブロックし続ける姿はまさにゴールを守る硬派な漢であった。

image

打点の高いヘディングと冷静沈着なカバーリング、落ち着いたボール捌き。CBとして申し分のないバランスのとれた選手である。この日も持ち前のヘディングの強さを見せつけるだけでなく、攻撃時には攻撃の起点として最終ラインから丁寧にボールを繋いでいく姿が印象的であった。相方である関(1年=浦和レッズU-18)に注目がいきがちであるが、関が自由にプレーできるのも”金子がいる”という安心感があってからこそと言っても過言ではない。

そんな彼はONの時はサッカーに全力を捧げる一方、OFF時には恵比寿中学、ももいろクローバーの熱狂的なファンであるというから驚きだ。

この日が推しメンの誕生日である金子は「強豪中央フースバル相手でしたが勝つつもりで試合に臨もうと思ってました。推しメンの一人である私立恵比寿中学の中山莉子ちゃんが誕生日だったので推しのパワーをもらって試合に臨みました

とこの試合にかける意気込みを語ってくれた。


推しメンの誕生日に負けは許されない金子は試合中、中央フースバルの猛攻を耐えながら「1点取られたらポンポン点を取られる気がしたので、意地でも点はやらない。心が折れそうになった時は中山莉子ちゃんを頭に浮かべ勇気とパワーを貰ってました。
と試合を振り返った。

武器であるヘディングを行う頭で、そんなことを考えていたのは驚きであるが確かにこの日の金子は神懸っていた。

後半15分にはフースバルの決定的なミドルシュートをスライディングで間一髪のところでブロック。劣勢時には声を張り上げチームを鼓舞した。決して目立つ選手ではないが、気が使えるチームに1人はいてほしいプレーヤーである。

image

しかし現在はチームの中心である金子も1部昇格を果たした昨年時は出場機会に恵まれていなかった。その悔しさゆえに今年のチームに懸ける思いは並々ならないものがある。

昨年度のDFライン4枚全員が現4年であったため、イチから構築することとなった今年のDFラインについて金子は「個々の能力が去年より劣る分、試合中のコミュニケーションはDF内で取るように意識しています。何よりも関が入ってくれたことで安定感が増したのが1番でかい」
とコミュニケーションの大切さとCBの相方を絶賛した。


次節早稲田グスタは明治生田との裏天王山を控える。絶対に負けられない1戦に対して金子は
生田との試合が1部に残留できるかを決めると言っても過言ではないと思うのでCBとして相手を無失点で抑えたい。絶対に勝ちます」と語ってくれた。

早稲田グスタが明治生田攻撃陣を抑え残留圏内から抜け出せるかはアイドルオタクの金子にかかっている。

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

斉藤 耕兵

Kohei Saito

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.04.04

【新歓記事 2018vol.5】中央大学のチーム紹介

大好評企画第5弾は中央大学のサッカーサークル!個性派揃いのサークルばかりなので要チェック! 中央大学サッカー同好会 ・自分達のサークルを一文で表すなら(サッカーを頑張る、面白い人達) ・…

read more 高木啓行
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【新歓記事2018 vol.2】早稲田大学のチーム紹介その2

前回に引き続き、今回も早稲田大学のチーム紹介です! 今回紹介するチームは個性派ぞろいです! それぞれの色を持ったチームがたくさんあって選ぶのに頭を抱えてしまいますね。 それでは紹介し…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more 古平 翔太
コラム 2018.05.11

【BeYonD特別企画】6/19(火) W杯日本代表パブリックビューイングイベント開催決定!!

BeYonDをご覧の皆様こんにちは! まるで夏を思わせるような暑い日GWが終わり、 5月病がひどくなるこの時期。いかがお過ごしでしょうか?   「今年こそはちゃんと勉強するぞ…

read more 古平 翔太
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人
コラム 2018.06.27

【フットサル】「LEGRO FUTSAL LEAGUE powered by R.project」 とは??

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018開幕!! BeYonDでは今年度より新たにフットサル部門を立ち上げ、フットサルとサッカーの2本の柱で盛り上げることになりました!! そして、フット…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.23

【BMOM85】池田洋平(3年=八千代)負けられない一戦での値千金の先制ゴール!苦しみ続けたキャプテンが1部残留を手繰り寄せる。

【新関東リーグ2017・1部最終節】鹿嶋ハイツ第1グラウンド 早稲田大学FC.GUSTA 2-1 立教大学サッカー愛好会 早稲田グスタは残留のために負けられない一戦で見事勝利し、1部残留を果た…

read more 斉藤 耕兵

-PICKUP CIRCLE-