【BMOM117】増井裕次郎(3年=修道)8年ぶりの1部へ!導いたのは Mr.信頼感!

那須将司

 

11月24日(土)、新関東リーグ1部昇格戦の明治大学Esperanza(以下:明治エスペランサ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合がZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAにて行われた。

二年連続での昇格戦に臨む明治エスペランサと、圧倒的な攻撃力で2部Bリーグを制した早稲田理工の一戦。
見事、8年ぶりとなる1部昇格を決めた早稲田理工のキャプテン増井裕次郎(3年=修道)をこの試合のBMOMとして選出したい。

46710016_759075517845195_5027492514001584128_o

キャプテンとして最終ラインからチームを鼓舞しつつ、打点の高いヘディングと、鋭い洞察力を武器に、明治エスペランサの攻撃の根を積み続けた彼。

4年生で唯一チームに復帰した松尾(4年=早稲田本庄)も「先輩方への恩返しがしたくて代表を引き受ける程、仁義の厚い熱い男で、戦略の立て方もうまく、絶対的に信頼を置ける男」と語っているように、仲間からの信頼がとても厚い。

46891314_759100317842715_4284990705446682624_o

(大事な一戦でもいつも通り「いっせのーせーやろうぜっ」とチームを盛り上げた松尾)

 

そんな増井が率いる早稲田理工は、2部Bリーグにおいての得失点差が+31.攻撃力の高さだけが注目されがちだが、リーグ全体で2点しか失点を許しておらず、守備力の高さも申し分ない。
彼抜きには、1部昇格を成し遂げることはできなかったといっても過言ではないだろう。

そんな彼に、まずはチーム結成当時のことについて聞いてみると、
「年間目標として新関東リーグ1部昇格、夏の目標はマガジン杯ベスト4、ビジョンとして5年以内にマガジン杯優勝、アットホーム杯優勝、新関東リーグ1部優勝を掲げていました。個人的には、新チーム始動当初は応援されるチームとは言えなかったので、みんなから応援されるチームになりたいと思っていました」
と語り、さすが歴史あるチームのキャプテン。人間力の高さがうかがえる一面を見せてくれた。

宣言通りマガジン杯では、早稲田大学稲穂キッカーズを退け大会3位と奮闘、リーグ戦へ向けて好調ぶりを見せていた早稲田理工。

そんな彼らのリーグ戦開幕前について聞いてみると
「8月の理工系カップ優勝、マガ杯で3位になれたことで大きな自信を得ることができました。なので新関東リーグ開幕前は、過信することなく謙虚に自分たちのサッカーを貫くことができれば、良い結果につながるだろうと思っていました。このチームを一部に昇格させたい気持ちは誰にも負けていなかったと思います」
と語り、昇格への強い気持ちがあったことを教えてくれた。

増井の想定通り、チームは開幕から好調。
最終節を残して早々に2部Bリーグ優勝を果たすこととなる。

そして迎えた試合当日については
「自分は緊張で少しそわそわしていました(笑)ただ、今までの積み重ねを出し切るだけだと思っていたので、アップもいつも通りの早理らしい良いアップができました。自分たちがしてきた選択や積み重ねてきたものが正しかったと証明するために、なんとしても勝ちたかったです。勝ったあとにみんなでボトルの水をかけ合う瞬間をイメージして良い準備をしました!」
と続け、昇格を決める瞬間が楽しみで仕方なかったことを教えてくれた。

 

そんな増井が率いる早稲田理工は、前半開始早々に先制点を挙げるも後半明治エスペランサに追いつかれ、延長戦へ突入することとなるのだが、その時の気持ちについて
「地力ではウチが優っていると思っていたので、最後は気持ちで負けないようにと周りに声をかけました。みんな後半の終盤くらいからかなり足がつっていたんですけど、今のメンバーなら乗り越えられると思っていました!」
と語り、予想外の展開にも動じない、ゆるぎない自信があったことを教えてくれた。

しかし、延長前半にまたもや早稲田理工を苦しめる事態が訪れる。
これまで早稲田理工の攻撃をけん引してきた7番大寺(3年=)がこの日二枚目のイエローカードで退場してしまったのだ。

それでも彼は当時のことについて
「彼の退場は想定内だったので自分でもびっくりするくらい冷静でした。なんなら6番ライアン(3年=日大習志野)あたりも退場して9人になるぐらいの想定はしてました(笑)」
また、
「10人でも焦れずに全体をコンパクトに保っていれば失点することはないと思っていたので、みんな集中できていたと思います。最初の時間だけ全員で我慢すればチャンスは必ず来ると思っていました!」
と続け、ここでも彼の信頼の厚さを裏付ける姿が垣間見えた。

 

その「必ず来るチャンス」は、延長後半7分に訪れる。
ライアンのFKに、早稲田理工の次期代表、19番武田(2年=土浦第一)が頭で合わせ、勝ち越しに成功したのだ。

「勝ち越した瞬間は嬉しすぎて叫びました!」

興奮した早稲田理工のベンチも、思わずグラウンドを駆け回る。

46789535_759080857844661_1348662362789380096_o

 

 

早稲田理工が2-1で延長戦を制し、1部昇格を決めた。
その瞬間について聞いてみると
「昇格が決まった瞬間は力が抜けました。先輩の代からの本当に念願の目標で、ここを目指してみんなで頑張ってきたので。ホイッスルがなった瞬間に、ベンチから喜びながら走ってくるチームメイトを見て涙が止まりませんでした。人生で初めて嬉し涙を流しました(笑)それくらい嬉しかったです!」
と喜びを爆発させてくれた。

46868053_759090551177025_2687055265500495872_o

そして最後に、昇格をつかみ取れた最高の一年間については
「新チーム始動してからの最初の半年間は、自分の力不足でチーム作りも上手く行かず、結果も全く出ませんでした。そんな苦しい状況の中でも、みんなが自分を信じてついてきてくれました。最後は「このチームやチームメイトへ恩返しがしたい」という気持ちが自分の中での原動力でした。最終的に結果も出て良かったです。一年間自分が代表をすることの意味を考えてきましたが、「この一年間楽しかった」「このチームを選んで良かった」と思ってくれる人が1人でも多くいれば、自分が代表をやってきた意味があるのかなと思います。

後輩たちには、少し羨ましいですけど1部のピッチを楽しんで欲しいです。ただ、この「一部昇格」には引退していった先輩方を含むたくさんの人の思いが込もっているということを忘れないで欲しいと思います。責任を持って次の世代へしっかり1部の舞台を継承していってください。昇格を果たし、日本一になる下準備はできたと思うので、日本一の夢は後輩たちに叶えてもらいたいです。最後に、この一年間自分が代表を全うできたのは、色々な方々に支えていただいたからだと思います。本当にありがとうございました!」
と語り、チーム作りの難しさやチームにかける思いのでかさを教えてくれた。

仲間を信じ、鼓舞し続けてきた増井。
そんな彼が率いた早稲田理工は来年度、新関東一部に舞い戻る。
武田をはじめとする次の世代が、どのようにチームを作り上げ、強者ぞろいの一部を盛り上げていくのかに注目したい。

早稲田大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

那須将司

nasu

早稲田大学 FC.GUSUTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.01

【美女マネvol.23】今回はフォトジェニックセミロングな美女マネ!!

  こんにちは!     最近の異常な暑さに、地球温暖化を改めて感じますね!     温厚な私でも、暑いとつ…

read more 上野澄人
コラム 2019.03.29

【新歓記事2019 vol.4慶應義塾大学その2】

  慶應義塾大学の新歓記事の第2弾です!  慶應義塾大学トータス FC ・大学・チーム名 (慶應義塾大学/トータスFC)   ・自分達のサークル…

read more 成瀬将希
コラム 2017.12.06

【BMOM87】吉崎光(3年=八千代) チームを引っ張り続けた代表の闘志が勝利を呼び込む

【新関東リーグ2017・1部入れ替え戦】Zozopark Honda Football Area 明治大学体同連生田サッカー部蹴友会 2-1 明治大学ESPERANZA 2017年新関東1…

read more 高木啓行
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more 古平 翔太
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.14

【BMOM62】長瀬良太(3年=國學院久我山) エースの自覚!圧巻の2ゴールで稲穂を3年連続決勝の舞台へ導く!

新関東カップ2017準決勝で早稲田稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は立教サッカー愛好会と対戦し、見事決勝進出を果たした。3連覇への王手をかけたこの重要な一戦で、背番号10はいつも以上に輝きを放っていた。長…

read more 澤田結人
コラム 2019.11.05

【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学F…

read more 高澤航平
コラム 2018.03.08

【スポンサー企業紹介vol.1】同好会カテゴリーは誰しもお世話になっているこの企業!

BeYonDをサポートしてくださっている企業の紹介記事の連載を開始します!!   どのような想いでBeYonDをサポートしてくださっているのか、 どのような想いで大学サッカ…

read more 森井 貴弘
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more 川瀬日明
コラム 2017.09.06

【BMOM71】途中交代ながら持ってる男野々村大輝(2年=東久留米)の一振りで試合を決める!!

先日行われたアットホームカッププレーオフ決勝で日本大学教育サッカーBAMBINO(以下バンビ)は格上である中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に対して1-0で劇的な勝利を収めた。 その立…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-