【マネの想いvol.4】”稲穂は大学生活の全て”

高橋ちひろ

第4弾となるマネの想いを語ってくれたのは、

早稲田大学稲穂キッカーズ

3年 船見優奈さん

s__26337288

−稲穂キッカーズ(以下稲穂)に入ったきっかけを教えてください。

最初は新歓コンパに友達と参加して、先輩たちが優しくて練習にも誘ってくれたので行ってみようかなという感じでした。新歓コンパではおちゃらけていた先輩たちが、練習では真面目にやっているところに魅力を感じました。稲穂に入ったらやりがいがあるなと思ったし、先輩たちと一緒に日本一獲りたいと思ったので稲穂に入ろうと思いました。あとはマネージャーをやったことがなかったので、経験としてやってみたかったのもありますね。

−稲穂のマネージャーは主にどんな仕事をしていますか?

備品管理、ボール出し、ボール拾い、アイシング、テーピング、ボトルに水を入れるなどなんでもやっています!稲穂のマネの1番の特徴的な仕事は声出しですかね(笑) 他のサークルの人からも稲穂のマネは、声をめっちゃ出してるイメージがあると言われました(笑) “プレーヤーマネージャー関係なく”というのが稲穂にはあるので、練習でも試合でもプレと同じくらい声を出して頑張っています。悪い雰囲気の時はマネからどんどん声を出して、いい雰囲気に持っていけるように心がけています。

s__26337286

−マネージャーのやりがいはなんですか?

ふとした瞬間にありがとうと言われるとやりがいや嬉しさを感じますね。あとはやっぱりプレーヤーが真面目に頑張っているから、マネージャーも頑張ろうという気になります。

−確かにプレの頑張っている姿はモチベに繋がりますよね。マネキャプとして心がけていることはありますか?

常に周りを見るように意識しています。足りない備品があったらすぐに持って行ったり、怪我した人がいたらアイシングをすぐ作ったり。プレーヤーに対してはもちろん、マネージャーに対しても気を配って全体を見れるマネキャプになりたいなと思っています。

s__26337282

 

−コロナウイルスの影響で例年通りの新歓ができていない中ですが、何か新たにやっていることはありますか?

zoomで新入生と交流したり、インスタグラムで説明会を開いたりしています。あとは稲穂のYouTubeで現役対談や学部ごとの対談を載せたり、あらゆるSNSを駆使して頑張ってます!現役の話でいうと、みんなでzoomを使って朝の練習の時間に筋トレしてますね!今までより話し合いの時間も増えたし、なんだかんだで稲穂の活動が忙しいって感じです(笑)

−工夫しながら色々活動しているんですね!今年の稲穂の目標はありますか?

新関東リーグで優勝して、東西対抗戦で日本一になることです。そして日本一になるために日々サッカー面も、内面的にも成長することが目標です。自分たちの代はやっぱり想いが一番強いし、3年間一緒に頑張ってきた仲間だからこの代で日本一獲りたいですね!

−稲穂の魅力はなんですか?

一言で言うとめっちゃ真面目なところですかね。練習じゃないときはみんなふざけてても、練習が始まると真面目にサッカーに取り組んでてメリハリがしっかりしています。常にサッカーのことや稲穂のことを考えていて、オフの日も体力作りしたり、それくらいプレーヤーはサッカーが好きで勝つために頑張っているんだなと実感できます。そんなプレーヤーを支えるマネージャー含め全員が真面目に活動しているからこそ、やりがいを感じるし大学生活を稲穂に捧げる価値があるなと思います。

s__26345485

−では最後に、あなたにとって稲穂とは?

大学生活そのものです。大学生活の全てを稲穂に捧げてきたからこそ、やっぱりみんなと日本一獲って最後は笑って引退したいです。

s__26337287

長年、強豪と言われ続けてきた稲穂キッカーズ。しかしここ数年はなかなか勝つことができず、悔しい思いをすることも多かっただろう。コロナウイルスの影響で思うように活動ができない今だが、また彼女たちの力で稲穂キッカーズをサッカーサークル界の頂へ導いてほしい。

過去のマネの想い記事はこちら↓

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

高橋ちひろ

chihiro

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more 古平 翔太
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more 浅川大樹
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.11

【BMOM67】岡内学人(3年=市立千葉高校)持ち前の技術と笑顔で優勝へと導く!

先日行われた千葉大学学内戦決勝戦で常にピッチ全体を見渡し、決定的な仕事はなかったもののボールによく絡み攻撃のリズムを作った千葉大学FORZZA(以下FORZZA)岡内学人(3年=市立千葉高校)が決勝の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.07

【同好会情報vol.10】マガジン杯とは?

みなさん夏休みどのようにお過ごしでしょうか?9月に入り、 暑さもなくなり秋らしくなってきましたね!   しかしこの大会なしでは夏は終われない…   そ…

read more 北村莉穂
コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more 齋藤優
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more 上野澄人
コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more 古平 翔太
コラム 2017.01.11

【美女マネ特集vol.12】第12回の今回はユニオンリーグに所属し、今年で44期を迎えるワールドなあのチームのマネ!

  こんにちは!   新年も最高のスタートを切った美女マネです!   いや~それにしても青森田中、あ、、青森山田強かったですね~!! …

read more 上野澄人

-PICKUP CIRCLE-