【チーム特集】同志社大学 三ツ葉キッカーズ

渋井颯太

こんにちは、BeYonD編集部です。

今回は関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する関西強豪サークル、同志社大学三ツ葉キッカーズにインタビューさせていただきました!!

三ツ葉代表の浜川太陽さんが同志社大学三ツ葉キッカーズの魅力について熱く語ってくれました!!

関西強豪サークル(同志社大学三ツ葉キッカーズ)を知らない人は必見です!

(同志社大学三ツ葉キッカーズ代表:浜川太陽)

〇トークテーマ

①チームの魅力

②サークルの雰囲気

③ライバルサークル

④サークルの人の出身校

⑤チームの目標

チームの魅力

BeYonD編集部:チームの魅力は何ですか?

浜川さん:チームの魅力は、やはり、仲がいいところです!
全員で点を取って全員で守備をして、試合に勝ったら全員で全力で喜びます!縦の繋がりが強いところも三ツ葉の魅力の一つですね☘️プライベートでもよく遊びます🙋🏼‍♂️🙋🏼‍♀️

BeYonD編集部:最近三ツ葉で流行っている遊びってなにかありますか?笑

浜川さん:最近流行ってる遊びでパッとしたものは無くて、逆に遊びたくてうずうずしてますね笑
チーム全体での飲み会なんかは2年近くやってないんで、まあ求めてる人も多いと思います🍺

BeYonD編集部:早くコロナが落ち着いて、みんなで集まりたいですよね!

サークルの雰囲気

BeYonD編集部:練習中はどんな雰囲気で活動しているんですか?

浜川さん:練習の雰囲気となると、やはりガラッと変わりますね。盛り上げる声、プレーを褒める声、煽る声など色んな声で溢れかえっています(笑)
サッカーするときはする!しないときはしない!っていうメリハリがめちゃくちゃあります。
僕が三ツ葉に入団したときは、雰囲気に圧倒されたのを今でも覚えていますね。

BeYonD編集部:プレもマネも練習には強制参加なんですか?(1回の練習にプレマネ合わせて何人くらい参加しますか?)

浜川さん:プレマネ関係なく基本的には強制参加です。自分らもバイトで休んだりしてたら怒られてました笑
そもそも人数が多いチームじゃないから、合わせて50人弱くらい毎回集まりますね。

BeYonD編集部:僕からしたら50人弱は多いほうですよ(笑)

ライバルサークル

BeYonD編集部:関西で負けたくない(ライバル)サークルはありますか?

浜川さん:京都産業大学の京産ONZEとの試合が関西では1番ピリピリしてますね。今年も関西予選が予定されてるので、全勝で関東に繋げたいです。

BeYonD編集部:そうなんですね。では、関東で負けたくない(ライバル)サークルはありますか?

浜川さん:関東のチームだと、明治大学のGroovykidsですね。5月に行われた強化交流戦では決勝で負けてしまったので、打倒Groovyに燃えてる人が多いです。
また、早稲田大学の稲穂キッカーズさんも非常に意識してます。僕らの代では試合したことがないのですが、先輩から聞く三ツ葉vs稲穂の白熱戦も再現してみたいです。

BeYonD編集部:Groovy、稲穂キッカーズは今年もすごく強いですよ!対戦する機会があったらぜひ頑張ってください!

サークルの人の出身校

BeYonD編集部:やはりサークルに強豪校出身の人は多いのですか?

浜川さん:強豪出身はそこまで多くなかったのですが、1回生が入ったことで増えました。
意外にも全国から人が集まってます。

BeYonD編集部:例えばどのような高校の人がいますか?

浜川さん:例えば、藤枝東高校、新潟明訓高校、東北学院高校、東海大仰星
帝京大可児、國學院久我山、丸岡高校ですかね。

BeYonD編集部:強豪校が多いですね。三ツ葉が強い理由が分かります。

チームの目標

BeYonD編集部:チームの目標は何ですか?

浜川さん:目標は8年ぶりの日本一奪還です!毎年関西優勝で止まっているので今年こそは三ツ葉が優勝します🏆
コロナの影響で大会に参加出来ないことが多かった分、最後の大会にかける想いも強くなってます!

BeYonD編集部:コロナの影響で週に行っていた練習の回数なども減ってしまったんですか?

浜川さん:火木がナイター、水金が四限の時間で、夏季休暇中は月火木金土の週5で練習してます!試合後無くなったりはあるけど、練習はできてます!

BeYonD編集部:お互い目標を達成できるように頑張りましょう!!

 

いかがだったでしょうか?

今回浜川さんにインタビューさせていただいて、同志社大学三ツ葉キッカーズの魅力が分かりました!

このようにBeYonDはたくさんのサッカーサークルの魅力を紹介していきたいと思っています!

浜川さん貴重なお話ありがとうございました⚽

(協力:同志社大学三ツ葉キッカーズ)

【チーム特集】同志社大学 三ツ葉キッカーズのチームページ

Written by

渋井颯太

shibui sota

Keywords

Recommend

コラム 2022.10.11

サッカーマガジンカップ オープン大会2022 大会総括

9月9日から9月13日に行われた『サッカーマガジンカップ オープン大会(以下:マガ杯)』は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   サークルカテゴ…

read more 山口輝
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.30

【BeYonD協賛イベント】ドルトムント観戦ツアーはいったい誰の手に!?豪華賞品をかけたHIS主催フットサル大会!!

2017年10月28日(土)MIFA Football Palkにて、私たちBeYonDが協賛させていただいたイベントが行われた。その名も… ~本場の海外サッカーを観に行こう~ HIS主催フットサ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.06

【審判の想い】〜番外編〜 そこのあなた審判にいつも文句を言ってはいませんか?

今回はマネの想いならぬ「審判の想い」と題して、審判の気持ちについて学生審判にインタビューをしてきました。     身近なようで身近ではない審判、そんな知られざる審…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.22

【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.22

【筋トレ特集vol.1】筋トレはもてるためではない。

皆さんこんにちは!   おうち時間いかがお過ごしですか?     本日紹介するのは、、、、 おうち時間全てを筋トレに捧げたイカした男 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.17

【特別企画】マガ杯髪型特集!通称“マガ髪”2018!

皆さんこんにちは! 今回はマガ杯特別企画で去年に引き続きマガ杯参加者の髪の毛特集を行なっていこうと思います?‍♂️?‍♀️ 普段はバイトの関係や諸事情で染められない人もこの1週間のためにた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.27

【新歓記事2021】vol.3 慶應義塾大学サッカーサークル その1

2021年新歓記事第3弾では、慶應義塾大学の4つのサークルを紹介します! 慶應生限定のチームもインカレのチームも、どちらも魅力たっぷりなので必見です!!✨    …

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-