3年ぶりの開催!マガジン杯直前記事

遠藤瞭介

9/9~13までの5日間、長野県上田市菅原高原にて第40回サッカーマガジンカップ オープン大会2022、通称マガジン杯・マガ杯が開催される。
新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今大会。全ての現役メンバーがこの大会に初めて参加するということで、この記事を読み少しでもこの大会について理解したうえで当日を迎えてもらえれば幸いだ。

 

大会概要

マガジン杯は株式会社毎日コムネットが主催する、大学サッカーサークル会の一大イベントだ。
特に新関東に所属するサークルにおいては、新関東カップ、新関東リーグと並ぶ3大大会のひとつに数えられる。コロナ禍以前の2018年の大会では立教愛好会、2019年の大会では中大フースバルが優勝を果たしている。

大会の詳細はこちら↙
https://www.soccer-taikai.com/info/detail.php?uid=100001303&r=circle

2018年大会決勝の試合記事はこちら↙
http://be4do.com/results/4307/

注意事項

大会に参加するにあたっての注意事項を確認しておこう。大会を円滑に進行するために参加者全員の協力が不可欠だ。

「基本的な感染対策の徹底」
グラウンドから戻ったらうがい、手洗い、アルコール消毒、その他宿のルールに従うこと

「大会期間中の体調管理」
万が一体調が優れない場合は、宿泊施設、大会本部に連絡すること

「大会期間中のスムーズな進行にご協力を」
試合開始時刻、担当副審時刻に遅れずに行動するように

大会の特徴

マガジン杯の特徴として、

・同一サークルから複数のチームが参加する

・関西のサークルが参加する

・合宿での集中開催で行われる

・最もお祭り感が強い

ことなどが挙げられる。

複数のチームが参加する場合、メンバーの振り分け方はサークルによって異なる。
実力順にチームを構成するチームももちろんあるが、すべてのチームの力がなるべく均等になるようにするサークルもあるため、仮にチーム名に「Cチーム」と記載があっても油断は禁物だ。

また、関西のサークルとガチで試合ができる良い機会でもある。同志社大学三ツ葉キッカーズは現在社会人リーグを戦っており、マガジン杯でも毎年のように好成績を収める強豪チームだ。

大会は5日間に渡って行われ、初日と2日目は予選リーグ、3日目から最終日にかけて順位決定トーナメント及びリーグが行われる。1日に連戦の場合もあるため、熱中症になったり脚が攣ったりすることのないように水分や塩分はこまめに補給しよう。

脚攣り予防についての記事はこちら↙
http://be4do.com/column/5907/

マガジン杯の最大の特徴として、髪色を派手にすることが毎年の恒例になっている。いかに気合を入れて毛先のキューティクルと頭皮を痛めつけてこれるかに君のこの5日間の命運がかかっているといっても過言ではないだろう。
「後でバイト先の店長に怒られる」とかなんとか聞こえてきた気がするがこちらの知ったことではない。ちなみに大会期間が終わればすぐに髪色を暗く戻す人ももちろんいるが、中にはうまくバイトのシフトを調整して派手髪をできるだけ長く楽しもうとする先輩もいた。

当日、個性的な髪色・髪型のイカした人物を目撃したらぜひBeYonDまで一報を。大会後に「マガ髪特集」として特集を組む予定だ。

過去の「マガ髪」記事はこちら↙
http://be4do.com/column/3014/
http://be4do.com/column/4325/

最後に

この期間は同期や先輩・後輩との仲を深めるこれ以上ない機会だ。日中、時間があれば会場周辺のおいしいスイーツを探してみたり、夜は星空スポットを捜索したりするのもいいだろう。サッカーに全力で取り組むのはもちろん、宿での時間などサッカー以外の時間も存分に楽しんでほしい。
そういえば後輩諸君、コンビニなどで先輩におごってもらったら笑顔でお礼を伝えるとともにインスタのストーリーにタグ付きで投稿しておくように。上級生は後輩からの尊敬と親しみを受けなければ生きていけないのである…。

最後に毎日コムネットさんからのメッセージを紹介する。
「ご参加いただく皆さんで40回目の大会に相応しい最高の大会を作り上げ、一緒に歴史を刻んでいきましょう!」

Written by

遠藤瞭介

r.endo

Keywords

Recommend

コラム 2021.12.16

【新関東リーグ2021・1部】大会総括

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史…

read more 東 孝太郎
コラム 2016.11.09

【美女マネ特集vol.4】第4弾は大統領選挙のトランプ氏のごとく新関東FL2部を首位で走るあのチームのマネ!

こんにちは!   トントントントンクリントン!でおなじみの美女マネ特集です!   いやークリントンさんも、トランプさんに負けてしまいましたね。 &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.02

【新関東カップ2022】出場チーム紹介vol.6

青山学院大学理工サッカー部 チームPR 僕たちのチームプレーのフィーチャーはとにかくクイックでパッショネイトでイニシアチブを握るグレイトなチームだよ 注目選手 宮下誠一(3年・創価) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.10.11

学生の皆さん、包装業界って知っていますか?

私たちBeYonDプロジェクトのスポンサーをして頂いている株式会社フジキカイ様からのお知らせになります!!包装業界のリーディングカンパニーであるフジキカイ様ですが、そもそも包装業界って学生にはあまり馴…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.21

新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-