【全米に教えたい】モチベーションムービーの作り方!!

上野澄人

 

12月に入ってだいたいのチームも代が替わり、新体制に変わったことでしょう。
これからモチベーションムービーをつくることになった方もいるかもしれません。

 

そんな方のために、今回はモチベーションムービーの作り方をご紹介します!

 

教えてくれるのは、前回の特集記事が大好評だった、青山学院大学理工サッカー部3年の神戸大樹さんです!!

 

s__61636619

 

それではまず、使用機材から。

 

「PCはMacBook Pro、動画編集ソフトはFinal Cut Pro Xです。カメラはビデオカメラとGoProHERO4を使ってて、撮り方としては洋楽のPVやEDMのlyric videoからヒントをもらったりしています。その影響もあって使われてる曲は邦楽はほとんど無くて洋楽(EDM)ばかりになってます」

 

なるほどなるほど。それでは作り方のコツを教えて頂く前に、まずはこちらのムービーを見てみましょう。

 

 

復習完了。何度見ても素晴らしいです。

 

それでは神戸さんが教える三つのポイントがこちら↓

POINT1:曲のテンポと同じタイミングで写真や動画のクリップを切り替える
これは簡単だけどめちゃくちゃ重要で、これをするだけでテンポ良く動画としてのクオリティが上がります。テンポは早い遅いありますが、自分は早い方がカッコよくなると思います。実際自分のムービーはテンポの早い曲を多く採用していてそれに合わせて一つの動画のクリップは短いもので0.3〜1.0秒位のものばかり繋ぎ合わせています。

 

POINT2:曲のサビで動画の一番の盛り上がりを作る
先ほどのテンポの話につながることがありますが、サビで1番の盛り上がりを作ると動画としてみててワクワクしますし、サビの前では逆に期待感を煽るような演出が望ましいです。自分のムービーの多くはサビに入るまではスローで動画をつなげたり、あとは試合中の動画はサビにとっておいて、サビまでは練習中だったり、試合前のアップ中の動画をよく使っています。この順番は選手たちの試合前の準備の順番と同じになっているのでなおさらモチベーションを上げるコツになっていると思います。

 

POINT3:一つのムービーに使われる動画と写真に同じフィルターを使って加工に統一感を出す
撮った動画や写真をそのままの色合いで使うとやはり素人が作ったムービーというイメージになってしまいます。加工によって全部の動画や写真をカッコよくすれば当たり前ですがムービー自体がカッコよく仕上がります。それと、サビの話につながりますがサビだけフィルターの加工を変えたりすると盛り上がりを演出できてムービーの完成度が上がります。例としてサビに入る直前にゴールシーンを撮った動画を使うとしましょう。シュート直前までは白黒の加工をしてゴールの瞬間に鮮やかなカラーの加工にします。するとゴールシーンが際立ちカッコよく見える仕組みになっています。他にもスローや手ぶれの加工があるともっとカッコよくなるかもしれません。

 

確かに、この三つで大きく出来栄えが変わるみたいです!!!

 

それでは、「素材」となる動画の撮り方を教えて頂く前に、今度はこちらを!!

 

 

 

こんな素敵なものが自分のチームで作れたら、チーム全員号泣不可避でしょう。

 

動画の撮り方のコツを特別に伝授していただきました!

 

コツ1:めいいっぱいズームして被写体を枠からはみ出るように撮る
ズームして被写体を大きく撮るととても絵的にインパクトのあるものになります。例えばボール、選手たちの足元、顔、です。このようなズームで撮るためには家庭用のビデオカメラがちょうどいいと思います。自分はGoProなどでも動画を撮っていますがどちらかというとビデオカメラの方が向いていると思います。

 

コツ2:マネージャーや応援している選手、練習場の設備などのサッカー以外の風景も撮る
どうしても試合中の動画を撮ることばかり考えてる人が多いと思いますが、試合の外の動画もたくさん撮っておくとムービーを作るときに使える場面が多くあります。例えばナイターの照明だったり、ゴールポストだったりはサビ前のイントロの部分で使用すると活躍します。マネージャーの試合中選手たちを祈るような表情や応援しているスタメン以外の選手たちのサポートしている姿はムービーになると、きっと見てる人達に何らかのメッセージを与えるでしょう。

 

確かに、何らかのメッセージがものすごい勢いで伝わってきました。

最後に、一番大切なことを教えて頂きました。

最初はかなり難しいかもしれませんが、撮った動画を後からただ編集せずに、ムービーの全体をイメージしてから動画を撮る。先に曲を決めておいてから動画を撮ることです。こんなムービーをこの曲で作りたいなぁっていう構想を先に立てておいて、曲から想像できるムービーの完成系のイメージを頭の中で作ります。それにあった動画や写真を後から撮って編集でどんどんイメージ通りに当てはめていく技法です。この技法は1度ハマるとめちゃくちゃいいムービーに仕上がります。使う曲だけでも先に決めておくと動画や写真も撮りやすいですし、しかも動画編集も先にイメージしてあるのでスムーズに進みます。

 

難しそうですが、確かに完成度は上がりそうですね!!

 

今回も丁寧な説明ありがとうございました。

 

ぜひみなさんも参考にしてみてください!!

Written by

上野澄人

ueno

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.28

【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

明治大学体同連サッカー部  藤原由衣さん     −体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか? 2年のときが1番強かったと思います。私た…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2017.05.10

【新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、A.C.Campione、慶應キッカーズ、フースバル

早稲田大学 稲穂キッカーズ https://drive.google.com/file/d/0B1o_D2myHYM1S1c5aFJ2dUNLZWc/view?usp=sharing 【コンセ…

read more 古平 翔太
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more 落合陸
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.02

【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった。 前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more 上野澄人
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-