【新関東リーグ2017・1部第2節】立教愛好会、明治体同連が2連勝!全4試合をハイライト!

BeYonD 編集部

10月21日、鹿島ハイツ第5グラウンドで1部第2節の全4試合が行われた。前節に引き続き雨の中での試合となったが、1部独特の熱気と雰囲気で悪天候を感じさせないゲームとなった。

前節明治生田戦で完勝した立教愛好会は、前節早稲田稲穂と勝ち点1を分け合った強豪中央フースバルと対戦。今節も立教愛好会は攻撃陣が爆発。試合終了間際の10番浅田(3年=農大一)の2発を含む計4発で中央フースバルに勝利。勝ち点を6とし、首位に躍り出た。一方中央フースバルは10番大石(3年=藤枝東)が1ゴール1アシストの活躍を見せるも惜敗。次節早稲田グスタ戦では勝ち点3を奪えるだろうか。

 

マガジン杯準優勝の明治体同連は前節快勝の青山理工と対決。明治体同連は前半のうちに35番中島(4年=前橋商業)を退場により欠くが、数的不利を感じさせない結束力や8番遊馬(3年=熊谷西)の活躍などによりしっかりと勝ち点3を積み上げた。青山理工は本領を発揮できなかったこの敗戦をいかし、次節の明治生田戦へ挑む。

 

早稲田稲穂キッカーズ明治生田と対決。明治生田の壁をこじ開けきれずに時計の針が70分に近づくも、92番中島(1年=早大本庄)による土壇場の劇的なゴールにより勝利をつかみ取った。今節はボランチの47番近藤(2年=日大藤沢)を怪我により欠いたが、次節明治体同連戦には間に合うのだろうか。一方明治生田は惜しくも連敗となってしまったが、次節青山理工戦では何としても勝ち点を手にしたいところ。

 

今節の最終カードは明治グルービー早稲田GUSTAの一戦。1-1のドローとなり、勝ち点1を分け合った。明治グルービーは先制するも、PKを与えてしまい、勝ち切ることができなかった。次節は2連勝中の立教愛好会との対戦となるが、持ち前のポテンシャルを発揮できるかが見どころだ。前節の明治体同連戦で善戦した早稲田GUSTAはグルービーから決め切ることができず苦戦を強いられたが連敗は避けた。1部残留のため、いち早く勝利を手にしたいところ。

 

【第2節】(10月21日)
[鹿島ハイツ第5グラウンド]

立教愛好愛 4-2 中央フースバル
[立]近藤(9分)、岡田(16分)、浅田(67分、73分)
[中]小林(35分)、大石(58分)

明治体同連 2-0 青山理工
[明]遊馬(63分、66分)

早稲田稲穂 1-0 明治生田
[早]中島(70分)

明治グルービー 1-0 早稲田GUSTA
[明]小田島(35分)
[早]池田(60分=PK)

e5df9918-cdae-496d-90f1-abfc46eb13d2

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ 明治大学 体同連サッカー部のチームページ 青山学院大学 理工サッカー部のチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.01.11

【美女マネ特集vol.12】第12回の今回はユニオンリーグに所属し、今年で44期を迎えるワールドなあのチームのマネ!

  こんにちは!   新年も最高のスタートを切った美女マネです!   いや~それにしても青森田中、あ、、青森山田強かったですね~!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.07

【美女マネ特集vol.7】第7回は学力、サッカーともに同好会カテゴリーを牽引するあのチームのマネ!

おひさしぶりです!!   2週間ぶりの美女マネ特集でございます。   少し寒くなってきましたが、皆様風邪などひかず元気にお過ごしだったでしょうか? &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.02

[新歓記事2021]vol.8 立教大学・青山学院大学・上智大学サッカーサークル

本日は、立教大学・青山学院大学・上智大学の3大学、全7チームについて紹介していきます!   立教大学サッカー愛好会 ・大学名チーム名 立教大学サッカー愛好会 ・サークルを一文…

read more 青木優太
コラム 2021.08.27

【特別企画】社会人が語るサークルの価値 vol.1

こんにちは!BeYonD編集部です。 今回は新シリーズとして、『社会人が語るサークルの価値』について社会で活躍しているサークル出身の方へのインタビューを通して発信して行きたいと思います!本気でサーク…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2022.07.05

【新関東カップ MVP】MVPに輝いたのは誰か!?

新関東カップ2022決勝が昨日7/2(土)に埼玉スタジアム2022第2グランドで開催された。 今大会のMVPに輝いたのは中央サカ同42番加藤翔太(3年:浦和西)である。 優勝したサカ同の守護神…

read more 三田結人
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.12

【新関東リーグ2017】大会総括

10月14日(土)に開幕し、12月2日(土)に閉幕した大学サッカー同好会カテゴリー最高峰のリーグである『新関東リーグ2017』。 早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が1部リーグを制し、…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-