【新関東リーグ2017・1部第2節】立教愛好会、明治体同連が2連勝!全4試合をハイライト!

澤田結人

10月21日、鹿島ハイツ第5グラウンドで1部第2節の全4試合が行われた。前節に引き続き雨の中での試合となったが、1部独特の熱気と雰囲気で悪天候を感じさせないゲームとなった。

前節明治生田戦で完勝した立教愛好会は、前節早稲田稲穂と勝ち点1を分け合った強豪中央フースバルと対戦。今節も立教愛好会は攻撃陣が爆発。試合終了間際の10番浅田(3年=農大一)の2発を含む計4発で中央フースバルに勝利。勝ち点を6とし、首位に躍り出た。一方中央フースバルは10番大石(3年=藤枝東)が1ゴール1アシストの活躍を見せるも惜敗。次節早稲田グスタ戦では勝ち点3を奪えるだろうか。

 

マガジン杯準優勝の明治体同連は前節快勝の青山理工と対決。明治体同連は前半のうちに35番中島(4年=前橋商業)を退場により欠くが、数的不利を感じさせない結束力や8番遊馬(3年=熊谷西)の活躍などによりしっかりと勝ち点3を積み上げた。青山理工は本領を発揮できなかったこの敗戦をいかし、次節の明治生田戦へ挑む。

 

早稲田稲穂キッカーズ明治生田と対決。明治生田の壁をこじ開けきれずに時計の針が70分に近づくも、92番中島(1年=早大本庄)による土壇場の劇的なゴールにより勝利をつかみ取った。今節はボランチの47番近藤(2年=日大藤沢)を怪我により欠いたが、次節明治体同連戦には間に合うのだろうか。一方明治生田は惜しくも連敗となってしまったが、次節青山理工戦では何としても勝ち点を手にしたいところ。

 

今節の最終カードは明治グルービー早稲田GUSTAの一戦。1-1のドローとなり、勝ち点1を分け合った。明治グルービーは先制するも、PKを与えてしまい、勝ち切ることができなかった。次節は2連勝中の立教愛好会との対戦となるが、持ち前のポテンシャルを発揮できるかが見どころだ。前節の明治体同連戦で善戦した早稲田GUSTAはグルービーから決め切ることができず苦戦を強いられたが連敗は避けた。1部残留のため、いち早く勝利を手にしたいところ。

 

【第2節】(10月21日)
[鹿島ハイツ第5グラウンド]

立教愛好愛 4-2 中央フースバル
[立]近藤(9分)、岡田(16分)、浅田(67分、73分)
[中]小林(35分)、大石(58分)

明治体同連 2-0 青山理工
[明]遊馬(63分、66分)

早稲田稲穂 1-0 明治生田
[早]中島(70分)

明治グルービー 1-0 早稲田GUSTA
[明]小田島(35分)
[早]池田(60分=PK)

e5df9918-cdae-496d-90f1-abfc46eb13d2

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ 明治大学 体同連サッカー部のチームページ 青山学院大学 理工サッカー部のチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

澤田結人

sawada

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more 古平 翔太
コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.04.05

【新歓記事2019 】vol.10 東洋大学・明治学院大学

こんにちは! vol.10では、東洋大学と明治学院大学についてです。 サッカーサークルが溢れている東洋大学と、サッカーサークルが2つの明治学院大学。果たして、両大学にはどんなサッカーサーク…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.21

【新関東カップ2018】新人賞

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。 4月に大学生になったばかりで加入して間…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.05.08

【BMOM38】小川潤之助(2年=杉並FC) 守護神のビッグセーブ連発で稲穂フェスタ連覇達成!

ゴールデンウィーク最終日に行われた第15回稲穂フェスタ。中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の2連覇で幕を閉じた今大会。 その決勝戦、青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)との対戦で…

read more 澤田結人

-PICKUP CIRCLE-