【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

古平 翔太

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。

 

明治大学体同連生田サッカー部  早稲田大学FC.GUSTA

残留争いをかけた第一試合は、昨年度新関東1部昇格戦を戦った早稲田グスタと明治生田
立ち上がり早々、右サイドを駆け上がった11番辻森(2年=海星)がクロスをあげるとグスタDFが処理しきれなかったボールを88番岩間(2年=座間)が強烈なボレーシュートを叩き込み先制。その後、50分、52分と立て続けに宮沢(1年=桐朋)のPKと途中出場96番中澤(2年=早稲田本庄)のゴールで逆転。
早稲田グスタを昨年の昇格戦同様勝利をもぎ取るかに思えた。しかし、試合はこのままでは終わらない。63分岩間のシュートがディフェンスの手に当たり再びPKに。これを吉崎(3年=八千代)が決めきり1部昇格組の対決は勝ち点1を分け合う結果となった。

 

青山学院大学理工サッカー部 – 中央大学体同連フースバルクラブ

ハイレベルなサッカーを展開しつつもなかなか勝利からは遠い中央フースバルは優勝争いに生き残りをかけた青山理工と対戦。
高い技術を誇る両チーム。互いにチャンスを迎えながらも前半は決めきることができず試合は後半へ。

中央フースバルは青山理工アンカー26番土佐林(2年=八千代)を38番大石(3年=藤枝東)が自由にさせず自慢のパスサッカーを封じる。55分大石のスルーパスに抜け出した36番赤坂(3年=真岡)がキーパーの頭上を抜くゴールで先制。このまま試合は終了し中央フースバルはリーグ初勝利を飾った。

79d64eb6-8366-4cff-a9f0-458392e2104a

明治大学体同連サッカー部 – 立教大学サッカー愛好会

勝ち点6で並んでいる、2位立教愛好会と3位明治体同連の上位対決は前半9分に明治体同連の35番中島(4年=前橋商業)がミドルシュートを叩き込み先制。その後立教愛好会が押し込む展開が続くが、得点を奪えずに前半終了。

後半は開始から明治体同連が攻め込むも、10分に74番津久井(3年=幕張総合)が2枚目の警告を受け退場。その後展開は変わり、立教愛好会が10番浅田(3年=農大一)を中心に攻め込むも、明治体同連は3番青木(3年=幕張総合)を中心に、身体をはり続けなんとか守りきり試合終了。明治体同連が悲願の優勝に向け大きな勝ち点3を手にした。

 

明治大学Groovy kids – 早稲田大学稲穂キッカーズ

首位早稲田稲穂と5位明治グルービーとの対決は、2-0で早稲田稲穂が完勝した。

前半早々に10番長瀬(3年=國學院久我山)のゴールで早稲田稲穂が先制するも、後半は明治グルービーが終始支配する展開。29番川田(3年=高松北)や0番阿部アンドレ(2年=前橋)がなかなかチャンスを決めきれないなか、早稲田稲穂92番中島(1年=早稲田本庄)が一瞬の隙を突き追加点。早稲田稲穂が試合巧者ぶりを発揮し勝ち点を10に積み上げ首位をキープした。

 

【第4節】(11月4日)

[Zozopark Honda Football Area]

明治生田 2–2 早稲田グスタ
[生]岩間(3分)、吉崎(63分)
[グ]宮澤(50分)、中澤(52分)

青山理工0 –1 中央フースバル
[フ]赤坂(55分)

明治体同連 1–0 立教愛好会
[体]中島(9分)

明治グルービー 0–2 早稲田稲穂
[稲]長瀬(20分)、中島(66分)

a50f478a-1856-4b44-9c29-1a23e36c21a0

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!のチームページ

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2017.09.09

【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

マガジン杯が始まりましたね!!   プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??   また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか?? …

read more 大貫 杏華
コラム 2019.07.10

【イベントレポート】昨年に引き続きマネージャーカレッジ開催!!

みなさまこんにちは! 7月3日に新宿で「マネージャーカレッジ」が行われました!  そもそもマネージャーカレッジって何だろう…?と思う方もいらっしゃると思うので、簡単に概要を説明します* …

read more 豊岡志帆
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.11

新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more 浅川大樹
コラム 2019.02.23

【BMOM119】重松 良祐(2年=大森FC)チームのいじられ役がまさかのスーパーヒーローに!

2019年2月15日清瀬内山グランドにて早稲田大学学内戦決勝が行われた。対戦カードは3期ぶりの優勝を狙う稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と初優勝を狙うFCグスタ(以下:グスタ)試合はpk戦にもつれ込む大接…

read more 成瀬将希
コラム 2016.11.09

【ハイライト動画】アットホームカップ決勝

新企画のハイライト動画更新です! 記念すべき第1回目は11月3日に行われた「アットホームカップ決勝」のハイライト動画を作成しました!!   早稲田大学稲穂キッカーズvs法政大学…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-