【BMOM86】齋藤綱太(3年=渋谷幕張)頼れるキャプテンが悲願の1部昇格に導く!

森井 貴弘

【新関東リーグ2017・1部昇格戦】Zozopark Honda Football Area
慶應義塾大学慶應キッカーズ 2-1 明治大学ESPERANZA

11月25日に行われた新関東リーグ1部昇格戦。
2部Aブロック優勝の慶應義塾大学キッカーズ(以下:慶應キッカーズ)は
2部Bブロック優勝の明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)に先制を許すも、
後半に逆転に成功し、2-1で勝利。悲願の1部昇格を成し遂げた。

同点ゴールに繋がるシュートを放ち、
さらに逆転ゴール挙げ、全ゴールに絡む活躍をしたのが慶應キッカーズのキャプテンの10番齋藤綱太(3年=渋谷幕張)である。

155796

 

立ち上がりから明治エスペのキャプテン髙坂(3年=本郷)を中心とした勢いに押し込まれ、先制を許してしまう苦しい展開。

堅い守備に定評のある明治エスペに痛い失点であったが、
「自分達のサッカーを続ければ追いつける自信はあったので焦る気持ちはなかった」と語ったように、
慶應キッカーズは焦らず丁寧にボールを繋ぎ、徐々に押し込んでいく。

迎えた後半、
「遠くからでも積極的にシュートを狙っていった」齋藤のシュートがDFにあたり、11番斉藤(3年=國學院久我山)の同点ゴールを演出した。

勢いに乗った慶應キッカーズは67番川島(1年=東京ヴェルディユース)が齋藤へ絶妙スルーパス。裏へ抜け出した齋藤が逆転ゴールとなる決勝点を決める。

「自分の得点で昇格を決めたかったと常々思っていて、様々なシュートパターンをイメージしてきたので、優太(67番川島)から絶妙なパスが来たので、決められてよかった」と振り返った。

常にボールを収め、プレーでチームを引っ張った頼れるキャプテン齋藤が1部へ導いた。

リーグ戦を振り返って、
「怪我人が出たりチームとして不調だったりと上手くいかないことも多かったですが、プレマネOB全員で協力して乗り越えることが出来て、それが1部昇格に繋がったと思います。
長年の目標であり、チームの第一目標である1部昇格を自分の代で決めることが出来てとても幸せです!支えてくれた全ての人に感謝したいです!」
と語り、伝統チームの代表として、最高の結果を残すことができた。

 

ついに、伝統ある慶應キッカーズが2008年以来の新関東リーグ1部復帰を果たした。
アットホームカップを制した、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部とともに、
これからの慶應の逆襲に注目していきたい。

慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブのチームページ

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.24

【BMOM74】ユニオンカップ3連覇に大きく貢献したスーパーサブ。その男とは一体何者だ!

ユニオンカップ決勝戦が9月22日に行われた。決勝戦まで駒を進めたのが早稲田大学水曜サッカー会(以下:水曜)と同じく早稲田大学CHUTAR(以下:CHUTAR)であった。 試合は2-1で水曜がCHUT…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

[スパイク特集vol.3] HGのスパイクを履いているのに足の裏にマメができる!?そんな疑問を解決します!

今年は、夏が終わったと思ったら秋をすっ飛ばして冬になってしまいましたね。 ですが、スパイクコラムは大事なことを飛ばすことなくやっていきたいと思います!     …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.05

【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。 この…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.06

【同好会基礎情報vol.11】アットホームカップとは?

  こんにちは! ついにどこの大学も夏休みが終わり 長袖がちょうどいい季節になってきましたね。   でも皆さん、涼しい顔をしてる場合じゃないですよ?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.04.04

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは… 中央大学体同連FUSSBALL CLUB 3年 川田珠莉さん   ―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.07.29

【マネ長対談 vol.1】‘’知られざる他チームの実態‘’

今年も暑い夏がもうすぐそこまでやってきました!? 新しくサークルに入った1、2年生も、少しずつサークルの雰囲気がつかめてきた頃でしょうか? 自分のサークルの雰囲気を知れば、それはもう他のサ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.14

元大学日本1、元Jリーガーからみたサークルの印象は?

井筒さんインタビュー第2弾! 前回同様、大学でキャプテンとして日本一になり、J2でプレーし、クリアソン新宿をJFLへと導いた井筒陸也さんに今記事ではサークルの印象を聞いてみた。 サークルに…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.02

【9/22(土)開催決定】日系大手ベイカレント新卒担当者による、サッカーサークルだけの特別選考会へのご案内!

長いようで短い大学生夏休みも折り返しを迎えました。 サッカーサークルの皆さんはどのような夏をお過ごしでしょうか?   特に三年生。 これまでの活動の集大成となるこの夏…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.28

【BMOM126】菅原弦人(2年=駒澤大高) 快速ストライカーが攻守に渡って躍動!!

5月19日(日)矢田部サッカー場で行われた新関東カップ2回戦、中央大学サッカー同好会(以下、中大サカ同)と駒澤大学サッカー同好会(以下、駒澤サカ同)の一戦が行われた。 前評判では先日の稲穂フェスタで…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-