【スポンサー企業紹介vol.1】同好会カテゴリーは誰しもお世話になっているこの企業!

森井 貴弘

BeYonDをサポートしてくださっている企業の紹介記事の連載を開始します!!

 

どのような想いでBeYonDをサポートしてくださっているのか、

どのような想いで大学サッカー同好会カテゴリーをサポートしてくださっているのか、

スポンサー企業さんの想いを聞いてきました!

 

そんな第1弾はみなさん良く知るであろう『スポーツマネジメント株式会社』さんです!

『スポマネ』さんの意外と知られていない魅力が発見できるかも!?

 

今回は同好会カテゴリーに深く関わる、森田健太郎さんにインタビューしてきました!

 

9a29dcb7-1e41-462c-84b1-dbc5332645fb

 

森田健太郎 もりたけんたろう

入社2年目 30歳

埼玉県出身

 

 

ーまずは会社の紹介をしていただけませんか?

 

我々は、小学生から社会人までの全年代で、サッカー大会を主催し、アマチュアサッカーの競技力向上と普及に関わること全てを事業としている会社です。今年の6月で19年目を迎えますが、社員数は30人弱のまだまだ発展途上の未完成な企業です。本社は外苑前にあり、国立競技場が目の前に見えます。

 

ーサッカー大会を開催している会社というイメージが強いですが、それ以外のサービスもあるのですか?

 

はい、たくさんありますよ。

サッカーチーム専門で合宿手配などの旅行代理業や、サッカー協会主管の公式戦の運営事務局、企業主催のサッカー大会やフットサル大会の企画・制作、サッカーチームのウェアから記念グッズやボール・ゴール等までサッカーに関わる備品全般の販売、サッカースクールの運営、などアマチュアサッカーに関わることなら何でも行っている会社だと思います。

 

ー他にも僕たちの知らないスポマネさんの一面があれば教えて下さい。

知らない一面と言えるか分かりませんが、埼玉スタジアムのスクール運営をしているため埼スタにも常駐社員がいるとか、会社にサッカー関係者への会議やイベント用のレンタルスペースがあるとか、社長の弟がお笑い芸人のペナルティーのワッキーだったりってことですかね(笑)

 

ーどのような方が働いていらっしゃるのですか?

基本的にはサッカーが好きな社員が多いです、が、音楽好きだったり、野球好きだったり、様々な趣味・趣向がある人間がいると思います。

新卒で入社し、皆さんと年齢が近い、活気ある若手社員も多くいますが、結婚してお子さんの為に働くお父さん社員もいますね。

女性社員も熱狂的なJクラブファンや音楽好きなど、個性あふれるメンバーが多いです。

 

4870b561-6981-4a7e-903a-2e96a0d50ab7

 

ーなぜ、BeYonDにスポンサードしてくださっているのですか?

BeYonDさんが、メディア活動を通し同好会サッカーの社会的地位向上・普及を促していくという部分に共感しているからですね。

我々は「アマチュアサッカーの普及・競技力の向上に積極的に貢献する」という理念のもと、仕事をしておりますので、皆さんをサポートさせて頂くこと=アマチュアサッカー界・同好会カテゴリーの為になる、そう信じております。

そして何より、運営している皆さんも同好会カテゴリーで頑張っているメンバーの一員なので、皆さんをサポートしない理由がありませんでした。

 

ー森田さんご自身のことをお伺いします。どのようなキャリアを歩んで来られたのですか?

大学を卒業した後、アイルランドへ1年弱渡航し、帰国後に某CS放送のテレビ局の制作会社へ入社しました。

そこでは、サッカー番組や海外サッカークラブのクラブTVの企画と制作に携わりました。

その後、広告代理店へ転職し、制作営業として様々な企業様の広告制作に企画段階からエグゼキュ―ションの部分まで幅広く携わりました。

飲料メーカー、航空会社、製菓メーカー、家電製品メーカーなど様々な企業の広告制作に携わることが出来たことは今でも大きな財産となっております。

中でも某飲料メーカーの案件を主担当として関われたことは、キャリアの中ですごく大きな意味があったと思っております。

約3年半広告制作に従事した後、2016年夏にスポーツマネジメントへと入社しました。

現在は、前職の経験を活かしながら、チームビルディングや法人営業を主戦場として働いております。

 

7161a585-158c-49e1-9ad4-ddd45a3d49c2

 

ーなぜスポマネに入社されたのですか?

それは、2つ理由があります。

1つ目は、日本のサッカーに携わる人の数をより増やし、ビジネス市場としてのサッカー業界の価値を向上させたいと考えていて、それが実現できる会社ではないかと思った点で、

2つ目は、代表取締役である脇田の人間性に魅了された点、ですね。

 

ー最後に、サークルで活動する大学生に一言お願い致します!

はい。サークルで活動する上で意識してもらえると嬉しいなと思うことが2つあります。

1つは、「時間」を大事にしてほしいということです。

1日24時間、1年365日は、誰にも差はありませんし、誰にも変えられません。

だからこそ、サークルにいる時間を大事に使ってほしいと思っています。

そして2つ目は、自分なりの「目標」・「目的」を持って行動してもらえたらなということです。

誰に言う必要はありませんので、「4年間で100得点する」でも、「新しいこと10個チャレンジする」でも、何でも構いません。自分なりの「目標」で結構です。

そして「目標」を決めたら、その「目標」をなぜ目指すのかという「目的」を持って欲しいなと思います。

それが達成できる様なサークルで、精いっぱい何事にも主体性を持って、全力の学生生活を送って欲しいと思います。『今』しかない大学生活です、後悔ない様に、楽しんでください!

大会現場等で皆さんにお会いできることを楽しみにしております!

 

そんなBeYonDをサポートしてくださっているスポーツマネジメント株式会社は

現在新卒採用のエントリー受付中です!

是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか!!

 

—以下詳細—

<説明会>@スポーツマネジメント株式会社 本社5F 「スタジアム」

3/22(木)11:00~13:00(10:30受付開始)

3/23(金)11:00~13:00(10:30受付開始)

詳しくはこちらから!

http://www.spo-mane.co.jp/recruit.html

 

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.06

【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。 先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲…

read more 古平 翔太
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more 渡部雄飛
コラム 2017.05.31

【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。 その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』 毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.22

【BMOM135】金田直輝(3年=國學院久我山)グスタの不動のエースが開幕戦で圧巻のプレーを魅せた!

10月19日、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の早稲田ダービーで今季の新関東リーグが開幕した。試合前まで降り続いた雨の影響でグラウンドには大きな水溜り…

read more 高澤航平
コラム 2020.09.28

1マネが語るサッカーサークルのイメージとは?

今回は、この夏新たにサークルデビューした 3人の1マネにサッカーサークルについてインタビューしました。   サッカーサークルを選んだ理由や印象、実際入ってみて感じたことなど…

read more 川田 珠莉
コラム 2017.04.16

【マネの技術Vol.3】もしもの大怪我に備えておきたい技術をあの美女マネが!?〈応急処置編〉

ほとんど起きませんが、1年に数回は起こるのではないでしょうか。素人には判断がつきませんが、応急処置としてできること、してはいけないことがあります。 これを読んで、頼り甲斐のあるマネージャーになろ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.01

【新歓記事2019 vol.8 日本大学】

  新歓記事第8弾は日本大学です!   新関東で力を発揮しているチームは少ないものの、学内戦ではハイレベルな戦いを繰り広げているいる日本大学。 そんな謎の多…

read more 落合陸
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.06

【新歓記事2019】vol.11 神奈川大学・専修大学

こんにちは! 新歓記事第11弾は神奈川大学と専修大学のサークルを紹介!強豪チームから個性的なチームまで多様なサークルがひしめきあっています!! まずは神奈川大学から! 神奈川大学AGRA…

read more 高木啓行

-PICKUP CIRCLE-