【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

BeYonD 編集部

こんにちは!

 

BeYonD編集部です。

 

今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。

 

1人目は早稲田大学HUMAN F.Cの丸山航平くん

%e4%bd%93%e8%82%b2%e4%bc%9a%ef%bc%93

-体育会に入ろう、目指そうと思った経緯は?

高校まで第一線でサッカーをしていたので自然な流れで体育会を選びました。

 

-体育会からサークルに入った時期は?

1年生の4月中旬です。

 

-サークルに入って感じたギャップや気づきは?

もっとラフに緩くやってると思っていましたが、想像よりもガチでした。

 

-数ある中からHUMANを選んだ理由は?

一番楽しそうな雰囲気を感じたからです。

 

-サークルでサッカーをすることのメリット

何も気にせずに自由にサッカーを楽しめることです。あとサッカーの楽しさをもう一度思い出せたことが一番良かったことですね。サークルに入ってサッカー漬けの毎日だった自分とは全然違う世界の人と知り合えたことも大きいと思います。

 

2人目は明治学院白金F.Cの浅海覚之くん

%e4%bd%93%e8%82%b2%e4%bc%9a%ef%bc%94

-体育会に入ろう、目指そうと思った経緯は?

高校までの部活動を通してサッカーの技術面以外にも自分自身成長できた部分があったので大学サッカーの4年間でもより人間性を磨くことができると思ったからです。

 

-体育会からサークルに入った時期は?

1年生の夏ですね。時間も制限されるし体育会で指導者がいる中で学ぶこともあったんですけど、サークルが学生主体でやっているということにも大学に入って興味を持つようになりました。それと他にしたいことができたのも大きいですね。

 

-サークルに入って感じたギャップや気づきは?

入る前の白金FCは、自由で楽しくやっているサークルというイメージでした。実際入ってみてイメージのままでしたが、幹部を中心に飽きないようにサッカーだけじゃない活動も行っていて工夫されているということは良いポイントだなと思いました。大学は違うけど体育会に近い練習量を行なっているサークルもあって、学生主体でこれだけできることも凄いことだと思いました。

 

-白金FCを選んだ理由は?

大学に白金FCしかサッカーサークルがなくて他はフットサルサークルだったんで消去法で白金FCでした。

 

-サークルでサッカーをすることのメリットは?

時間を有意義に使えることが1番のメリットだと思います。長期的に休むこともできるし、留学ができたことも自分自分の成長に繋がっていると思います。指導者に言われた通りに動くことは簡単なんですけど、学生主体のサークルは自分たちで考えて動かないといけないのでそこもメリットというか成長に繋がる部分だと思います。

 

最後は元早稲田大学F.C. GUSTAでBeYonDでも代表を務めた高橋佑輔くん

%e4%bd%93%e8%82%b2%e4%bc%9a%ef%bc%92

-体育会に入ろう、目指そうと思った経緯は?

もともと早稲田のサッカー部に憧れを持っていたというのもあったんですけど、一番は、本気でサッカーに打ち込める環境を求めていたからです。自分自身何事も「本気で取り組むから熱中できて楽しい」と思うタイプの人間で、サッカーを通じて青春を体現するには体育会しかないと思っていました。当時はサッカーサークルのことをチャラチャラサッカーしてるだけの集団だと心から馬鹿にしていたし、ぶっちゃけ体育会で活躍してチヤホヤされたいみたいな安易な考えも若干はありました(笑)

 

-体育会からサークルに入った時期は?

1年の7月に体育会の本入部に至らず、正式には練習生を辞退する形になりました。
それで1年の9月にGUSTAに入りました。

 

-サークルに入って感じたギャップや気づきは?

たくさんありますけど大きく3つあって1つ目は、体育会もサークルも本質は同じで両者ともチームを作り、みんなで一つの目標に向かって努力し、目的を達成する。そしてみんなで様々な感情を共有し合う。この本質は何も変わらないと思いました。2つ目は「あれ、サークルってめちゃくちゃ本気でサッカーしてて、めちゃくちゃ上手い人いるな」ってことです。最後に3つ目は主体性がなによりも重んじられて、新たな取り組みも受け入れられて、柔軟性があって、サッカー上手い人とか飲み会だけ盛り上げる人とか、いろんなタイプの人がいて面白いなと感じました。

 

-数ある中からGUSTAを選んだ理由は?

本気で日本一を目指しいているということと体育会でならないなら「サークルらしさ」が欲しかったというのが大きな理由です。最終的に稲穂と二つで迷ったんですけど、「自由で新しいことをどんどんできる」「下克上したい」という思いからGUSTAを選びました。

 

サークルでサッカーをすることのメリットは?

組織作りにおいてもサッカー戦術においても自分たちで考えてPDCA(計画、実行、評価、改善)のサイクルを回していくということに関しては圧倒的にサークルが上回るということと、組織に拘束される時間が少ないから、サッカー以外の選択肢(バイト、遊び、飲み、留学等)で自己実現の幅を広げることが体育会よりも簡単ってことですね。あとは強度を自分の尺度で選ぶことができたり、飲み会というコミュニケーションが多いことも大きなメリットだと思います。マネージャーがかわいくて人数が多いことも(笑)

 

-最後に大学生に一言

街を歩いてりゃよほどの有名人でもない限り、体育会の人かサークルの人かなんてわかりませんよ。名誉と権威ではなく、自分が自分らしく輝ける選択をしてみてくださいなあ!
サッカーサークルはとても魅力的なので、その魅力をもっと発信したいという方が増えたらとても嬉しいです!

 

今回の企画いかがだったでしょうか?

 

三人のアツい言葉からサッカーサークルの特徴、良さがよく伝わったのではないかと思います。

 

次回の記事もお楽しみに!

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.06.03

【FOOMA2022】最先端の包装機械をオンラインで!!

私たちBeYonDプロジェクトのスポンサーをして頂いている株式会社フジキカイ様からのお知らせになります!!包装業界のリーディングカンパニーであるフジキカイ様ですが、そもそも包装業界って学生にはあまり馴…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.29

【新歓記事2021】vol.5 中央大学サッカーサークル

本日の新歓記事は、サッカーサークル数が少ないものの、強豪チームばかりの中央大学です! 本日紹介する3チームのうち、2チームが新関東リーグ1部に所属しています! (新関東リーグの概要は、Be…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.20

【新関東カップ2018MVP】選ばれたのはこの男…!?

例年の新関東カップは早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が三連覇を果たしていて、今年も早稲田稲穂が四連覇目を果たすかと思われていた。 この前人未到の四連覇を打ち壊し、優勝したのが中央大学体同連フ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.20

☆【30名限定】2/26(火)就活解禁目前 サッカーサークル限定就活座談会!☆

皆さん、こんにちは! 現在、各校の学内戦がサークル会を賑わせていますね!   今回はそんな後輩たちの結果を横目に就活に励んでいる方へのメッセージです!   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.30

【マネの技術vol.5 】〜プレを支えるテーピングの方法編〜

プレイヤーが足を痛めている…けど試合に出場したい… そんな時に必要なのがテーピング!! いつもプレイヤーがテーピングしている姿を見て、やってあげたいなと思っているマネさんもいるのではないでしょうか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.02

【BMOM113】早稲田グスタGK樋口就大(3年=宮崎西) 好調の早稲田グスタを支える守護神

10月27日に鹿島ハイツにて新関東リーグ20181部第4節が行われた。 4試合の激しい試合の中で特に注目されていた中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と早稲田大学FC.GUSTA…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.01.26

【マネ長対談vol.2】"コロナ禍×サークル活動"マネージャー長が思うこと

第二弾となる今回の "マネ長対談" では、 3年間のサークル活動をやり切った3名のマネージャー長に チームをまとめることの難しさややりがいについて伺いました。   中…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-